nombirato!

2016年09月03日

本当のプライド


かれこれ17年くらい教えに行ってる高校の吹奏楽部での話。考えたら今やらせてもらっている仕事の中で、一番長く続いている仕事になった。

やってることは、ビシバシ鍛えるという事とは無縁で、ほとんどの場合お悩み相談という感じ。これも、その学校の生徒達の意識が高いから成り立つのであって、他の学校でも同じレッスンで効果が上がるとは言えない。

とあるレッスンの日、普通なら課題曲のココが吹けないとか、ハイトーンが出ないとか、そんな話をして来る生徒達の中で、ちょっと相談があるのですが、、と言う子がいた。

とても上手な子で、僕をご存知な方はわかると思うけど、僕から音大受けないの?とか、絶対言わないのに、僕から珍しく「音大受ける気は無いの?」と思わず言ったくらい吹けるプレーヤーです。その子がA編成からB編成に移ったと言ってたのでオヤ?と思ってました。

詳しくは知らないけど、顧問の先生と少しすれ違ってしまったというか、きつく何かを注意された時に、そこで意地を張ったのか、自分からB編成に移りますと、(本心でなくつい)言ってしまったのを、後悔していたのが、言葉の端々から滲み出ていた。その後周りの生徒達の中ではB編成で演奏するのが楽しそうに振る舞っていたそうな。

プライドがそうさせるのか、僕にはその気持ちがホント痛いほどわかった。でもそこでどうしたら良いか、僕的には答えは1つしかなくて、「自分の気持ちに正直になるしかないんじゃない?」「先生に分かってもらうまで正直に謝るしかないよ。」と言うことを本人に伝えてその日は学校をあとにした。



後日、無事A編成に戻ったと言う話を聞いた。顧問の先生に謝れば良いと、言葉で言うのは簡単だけど、それを行動に移すのは、大変な決心が要ったのだと思う。顧問の先生にも話を聞いたけど、かなり号泣しながらの謝罪だったようで、それまでの、その子のキャラクターからすると想像も出来ないような出来事だったそうですよ。しかし本当に良く言えたね。素晴らしい。

当事者本人にすると「こんな事書くな!」って思うかも知れないけど、この前会った時は本当にいい顔、いい目をしてました。それがとても嬉しかったので当欄のネタにさせてもらいました。その子は多分これからどんな所に行ってもしっかり生きていけるなと、少々大袈裟だけど感じました。これからまだまだコンクールシーズン続くので、みんなで一丸となって頑張って欲しいなと思ってます。


posted by 古賀慎治 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Teacher's eye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

お知らせ

試験的に使っている www.shinjikoga.jp ドメインですが、au one net(DION)ホームページ公開代理サービス終了に伴って http://www.h4.dion.ne.jp/~ktrb/index.html を引っ越すことになったので、しばらくは引越し先の工事中(制作途中)のサイトが表示されるかもしれません。ブログ http://nombirato.seesaa.net/ は変わらず運用します。よろしくお願いします。


posted by 古賀慎治 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

とあるレッスンにて


受講生の子は本当に上手だったんだけど、その上手くなりたいというベクトルの向かう先が、僕がフォロー出来る範囲外だと思われ、実に惜しいというか、非常に難しいレッスンとなった。

楽器が上手いという事と、プロでしっかりやっていくと言うのは「=」なようで、実はそうではない。プロはコンスタントに調子を維持しなければいけないし、またあらゆる音楽のスタイルに対応できるように準備し、得意でも不得意でも、依頼主のご注文とあらばなんとかカタチにしなければいけないのだ(依頼主は当然指揮者の場合もある)。常設オケの団員としてではなく、フリーランスとして受ける仕事は、ほとんどの場合毎回違うメンバーとセクションを組み、素晴らしいハーモニーを奏でなければならない。

そんな、様々な状況に対処するためには、それ相当の基礎力、技術力とか、知識、音楽的センス、アンサンブル力、コミュニケーション力などが必要なわけで、身に付けるのは本当に大変。大学に入ってからでも勉強は可能だけど、早くから勉強する方が良いに決まっているし、自ら気づいて欲しいもの。

ある一方向のスタイルしか知らない(というか、ほとんど自己流に思えた)、エチュードはほとんど吹いた事がないと言うプレーヤーが、大人になってから、果たしてプロとしてあらゆる場面で成功する事ができるのか。

裏を返せば、演奏能力のみが突出しているので、キチンと早い時期から基礎を学ぶことをやっていれば、世界をアッと言わせるような、そんなプレーヤーに育つ可能性大なのではないか。いや、今からでも本人が気づけば良いのではないか、とも思うし。

そう言えば過去に自分の後輩にもそんなヤツがいたなぁ。。。

結局のところ本人がどうしたいのか、どんなプレーヤーになりたいのかも明確でないし、先生としてはどうフォローしたら良いのかワカラナイと言う、ただのボヤキでした。


posted by 古賀慎治 at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Teacher's eye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

久々の札響(写真アップしました)


IMG_2673.jpgホント久しぶりに札幌交響楽団に呼んでいただき、留萌市と札幌で計3公演演奏して来ました。

ご存知の通り北海道はこのところ台風の通り道と化していて、行きも帰りも台風と隣り合わせという、貴重な体験でした。北海道地方はこのところ気象災害が多く本当に大変だと思います。

新千歳空港から市内のアクセスは電車よりバスの方が悪天候に強いという事も分かりました。まあ時と場合によるのでしょうけど、団員の田中さんのメールに救われて、ほとんど混乱に巻き込まれずにホテルまで移動できました。


札響のトロンボーンセクションは今回はエキストラが2人。だけど2〜30年前は良く一緒に吹いていた方々で、ハーモニーやサウンドを合わせるのに全く苦労しませんでした。トランペットには尊敬する2人の先輩です。若い頃はあまり感じることが無かったけど、今は人と人の繋がりの有り難みを強く感じます。

IMG_2675.jpg


今回の演奏会はご存知アキラさん(宮川彬良さん)の作品、指揮とお話のコンサート。特に留萌市はお父様の宮川泰さんの出身地で、お父様、お爺様にまつわる興味深いお話多数聞けて、本当に楽しかった。「銀色の道」が彬良さんのお爺様の頃にまで遡るエピソードがあって、なかなか興味深かった。札幌での公演は会場の子供達と共に盛り上がりました。

音楽は、宇宙戦艦ヤマトはアンコールで一回演奏したものの、あとはヤマト色は無し。僕的には物足りないモノの、彬良さんの変幻自在ながらも原曲をとても大事にした、アッと言わせるセンスの良い編曲、そのアイデアがすごいと唸りっぱなしだったのですが、本当に素晴らしかったです。所々にヤマト2199の音楽っぽいコード進行などあって、一人でニヤニヤしていた感じです。あれだけ密度の高い優れた作品群、いずれは音盤にして出して欲しいなと切に願うものです。

留萌市公演の後、大雨でチト心配だったのですが、運良く富良野市まで行くことができ、念願の「halu CAFÉ」http://www.halufurano.jp に行くことができました。そこはつい最近まで東京交響楽団でバストロンボーンを吹かれていた宮本直樹さんご夫妻が、脱サラ(と言うのかな?)して始められたとても素敵なカフェです。昼間の景色を見られなかったのがとても残念です。テレビや雑誌への登場も多いのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。地元食材にこだわった、手作りのお料理は、半端なく美味しかったです。これからもお元気で、また絶対行きます。

IMG_2690.jpg帰りも台風11号のご機嫌を伺いながら空港へ。無事帰ってきました。あぁ、また北海道へ行きたいです。札響の皆さん、特にお疲れなのに長距離運転してくださった田中さん、それから宮本さんご夫妻、お世話になりありがとうございました。

夏休みの課題はこれにて終了(笑)









posted by 古賀慎治 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

続鑑賞後記

前々記事の続々編^ ^

ここまで来ると、内容はどうでも良い個人的な事になります。多くの人に会って話してみて、まあFacebookをやってない事を少し後悔したりしてますよ。でもやんない(笑)。ついでにLINEもやんない。

一般的に楽器やってる人がとても良い演奏を聴いたあと、楽器を吹きたくなるタイプの人と、楽器を吹きたくなくなるタイプの人がいると思うけど、僕は完全に後者。何しろ目の前の壁が高すぎるから。


このところ、何か小さな事に感動するような事が減り、以前カメラを持って歩いてた頃は道端の小さな花の美しさにも感動していたのに、今はそういう事もすっかり減少。自分の感性は本当に鈍くなってしまったんだなぁと、少々諦めモードでした。昨晩SJを聴いた後、そして一晩経った今日、出来れば楽器を吹きたくないです。逆説的に言って、感動があったんだなと、かなりホッとしてます^^;

しかし、26日には同じ会場で藝大のトロンボーン科の定期。定期は学生達に自主的にやりたいようにやらせているのでともかくとして、教師としては、SJのメンバーを超えるような人材を育成しなきゃと思うと、いやぁ本当に大変だ。。。頑張らないと。



posted by 古賀慎治 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする