nombirato!

2015年04月19日

金沢と言う場所


image.jpgまたまた久しぶりの投稿。OEK(オーケストラアンサンブル金沢)にお世話になって来ました。土日を利用したスケジュールで良ければという感じで、エキストラのお仕事をいただいてます。北陸新幹線開業のおかげで、本当に移動が楽になった。


しかしこの年度替わりはいろいろあって、なんだか大変だった。あれこれ書いておきたい事も多いんだけど、余裕があればボチボチ書くかもしれません。何しろブログを書く気にもならない日々が続いていたという事なので。


ブログを書く気になるとはどう言うコトか。元々大した内容ではないので、どうでも良いと言ってしまえば身も蓋も無い訳だが。その時々で感じた事や、刺激を受けた事なんかを記録しておきたいと思えば書く気になる訳で。なんだか電車に乗っている時間もメールを必死で打っているような日々は、今思えばかなりしんどい。たまにはこうして、仕事ではあっても東京を離れ、気分転換はとても大事なことだと痛感。



当欄ブログを書くときは、事実上15年目に突入したものの相変わらずネット上に公開と言うことがプレッシャーになっている訳です。プレッシャーがあるからこそあれこれ考え、いろんなバランスをとる思考が出来るのだと思ってます。日頃凝り固まった頭をニュートラルに戻す作業に近い。少なくとも僕にとって当欄とはそういう場所。mixiがだいぶ静かになり相変わらずFacebookが繁盛している状況だけど、自分にとっては頭を整理して冷却するのにはブログが丁度良い。


で、OEK。小編成のオーケストラなのでトロンボーンの団員はいない。トロンボーンの含まれるプログラムの場合は全国からエキストラが召集されるわけ。ユニークなところはエキストラ係のトランペット谷津さんが、その類い稀な人脈の広さを活かし、また関東圏にも関西圏にも同じような距離と言うこともあって、毎回いろんな方々とセクションを組めるということで、毎夜美味しいものをいただきながら、興味深い話をいっぱいできるといういうのが大きな楽しみだったりします。今回も本当に有益な情報交換が出来た。


image.jpg年度の始めの方という事で、OEK事務所の方々の異動とか新入団員(正確には試験期間らしい?)の歓迎会があってそこにもお邪魔させていただいた。僕が藝大に赴任した頃から際立った活躍をしていたフルートの松木さやさんもこの春から団員として入団と言うことで、本当に良かったなと思う。アットホームで地元に密着した素敵なオーケストラで、本当の意味でお客様に愛される奏者になって欲しいと思います。


上の写真は思いつきでフラッと市内循環バスに乗って行った、犀川にかかる「桜橋」を遠くから眺めた写真を、例によって画像変換アプリで水彩画風に加工したもので、こんな画が描けたらいいな(笑)というもの。八重桜がきれいでした。下は歓迎会でのヒトコマ(本人の了承済み)おめでとう。




posted by 古賀慎治 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする