nombirato!

2015年10月15日

青少年音楽セミナーin五島


IMG_1895.JPG先週末は藝大と長崎県との交流事業で五島に行って来た。今年度は3回(僕は2回)にわたって、藝大から講師を派遣して五島の小中高生、そして社会人の皆さんに対して講習会を重ね、最後の仕上げとして発表会が先週土曜日にあった。

プロジェクト1回目の去年は、はじめての事ばかりでいろいろ手探りで大変だったけど今年はより凝縮された内容の濃いものに仕上がったのではないかな。トロンボーン受講生の皆さんも、今年は良く譜面が読めていて、上々の仕上がり。

セミナーの講師は僕たち常勤と非常勤と、あとは卒業生や大学院や学部の学生たち。学生たちにとっては社会経験としてとても貴重な機会。

最後の演奏会を目指して、五島市の皆さんと一緒に頑張って、指導者としての経験をさせていただくわけだけど、五島市の受講生の皆さんの上達ぶりや成長を見させてもらうのも嬉しいし、大学の学生たちの成長ぶりを見るのも、また嬉しくもあり驚きだった。

演奏会の終演後に全員参加の打ち上げパーティーが用意されていて、あれこれみんなで語らう時間もまた楽しいのだけど、実はその最後に、担当者さんのはからいで講師全員がスピーチさせていただく機会をいただいた。

実はそう言う場でのスピーチは僕にとって結構難しいことで、事前の準備も無しに何か有益な内容を簡潔にまとめて語るのがホント苦手。でも貴重な機会なので必死に考えながら何とか終えた。日頃考えていることや演奏会を通じて感じた事をまとめた感じだったと思う。たぶん(笑)

今回特に感心したというか感動を覚えたのは、講師を務めてくれた学生たちのスピーチの内容。みんなそれぞれの感性で感じた事を素直に自身の言葉で表現してくれたし、うわべだけや机上の模範的な話ではなく、レッスンやセミナーなどを通じていかに学ぶのかと言うような、学ぶ側でもある現役の学生ならではの内容。社会人としての自覚もシッカリ感じられて嬉しかった。


IMG_1876.JPG翌日は飛行機の時間まで福江島島内を案内していただいた。隠れキリシタンの歴史をたどるように、あちこちに建つ教会を巡り、日本一美しいという高浜ビーチを見せてもらい、最後に鬼岳登山。短時間ではあったけど、今までに知らなかったことが盛りだくさんで、楽しい小旅行になった。驚いたのは歴史的な教会建築がたくさん残っていること。今でもほんの少数の家族で守られていたり、大きな教会はそれなりの規模で維持されていたり、小さな島にキリスト教がしっかり根付いています。ガイドの方の説明がとても興味深かった。出来れば一度仕事抜きでゆっくり訪れてみたいと思った。






posted by 古賀慎治 at 02:46| Comment(2) | TrackBack(0) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする