nombirato!

2016年04月27日

依存する気持ち


時々気になったことや思うことを生徒向けの体裁で記事にしていこうかなと思うカテゴリ「Teacher's eye」です。今回も最近気になることから。「依存」とは前記事の「自立」とは相対する意味の言葉。

困った時や挫折した時に何かにすがりたいと言う気持ちになるのは、誰しも経験があると思う。例えばオケの本番でボレロのソロを吹く直前とかは、もうその場から逃げ出したいという衝動に駆られるけど、そんな時に何かにすがろうと思わずに自分を心底信じきれる人は本当に強い心を持った人なんだろうなと思う。出来ればそうありたいものだ。

仮にもし楽器の調子を崩した時や、仕事が上手くいかない時とか、なかなか簡単には答えが見つからないことも多いけど、身近な先輩や先生などに、何かヒントを貰いたいなと思うこともあるだろう。

アドバイスを貰いたいと思う気持ちが依存心なのかどうなのか、微妙な気もするけど学生なら当然必要なことだと思う。

日頃レッスンをしていて思うのだけど、何かに依存するのは悪い事ではないけど、トロンボーン一本で生きて行く覚悟があれば、自ずと依存する気持ちも減ってくるのかなと思っている。求めたアドバイスを盲目的に信じてしまうのは良くないし、またアドバイスされたからと言って必ず守らないといけないと言うものでもない。自分の価値基準で判断することが大事だと思う。アドバイスを聞いて今までと違った事に気付くことが一番大切だろう。

楽器を上達し一生の職業にするのは本当に大変なことで、何か不調になった時の、自分で自分を直す力、修正修復する力を持たないとダメなんだなと思う。その辺の蓄積が今の僕の仕事に活きているのは間違いない。

生徒の成長過程で教師のかけるひと言はとても大事なのは理解しているけど、妄信的に先生の言われた通りにやりますと言うのも困ったもの。大切なことは先生の言葉の奥にある考え方とか、もっと普遍的な事柄を受け止めるセンサーや回路が自分にあるかどうかでしょう。アドバイスは、僕からの言葉に限らず一度受け止めたら即答せず一度ならず二度三度と考えて欲しい。


依存心について書こうと思ったのに少々脱線気味か。スマホや携帯を自宅に忘れたまま仕事に出た日のことを思い出すと、ITに支配され過ぎているな・・・と思いつつiPhoneでこの記事を書いて投稿していると言うね  ^^;





posted by 古賀慎治 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Teacher's eye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする