nombirato!

2017年03月28日

贈った言葉


「贈る言葉」は海援隊のヒット曲。流行った頃は、好意を抱いていた子が、転校でいなくなるという時だったので、なおさら思い出深い曲です。当時から相当内気だったので、自分から話しかけた事もなかったな(笑)


昨日は藝大の卒業式と謝恩会。今年もまた学生達が巣立って行く。様々な感慨にひたるわけだけど、毎年同じような感慨をもつということはない。学生達との距離感もそれぞれ。でも赴任して丸5年経って、落ち着いてきたなという印象が一番強い。落ち着いてきたというのは自分から見た学生達の雰囲気だったり、自分と学生達の関係だったり。特にはじめの3年くらいは、相当試行錯誤だったし、今よりは学生一人一人をフラットに見ることが出来ていなかったかもしれない。でも懸命にあれこれやっていた気がする。

謝恩会とか、送別会とかだけではないけれど、卒業生や、学生達に向けて、スピーチをするというのが、ある意味僕にとっては修行、、いや、勉強でもあるんだけど、何かためになること、心に留めてもらえるようなことを話そうと、思えば思うほど上手くいかないもので、他の先生方の話を聞いて、またまた反省して帰るというのが恒例になってきた。

基本的に話が下手な自覚が相当あるので、スピーチが終わって上手くいったと言う印象になる事はほとんど無い。演奏の後の方がはるかにスッキリするな。

で、最近、大学に赴任した当初と話す内容も、少しずつ変わってきたなと感じるところがあって、自分としては、やっぱり初心にかえらないといけないのかなと反省。

普段から教師として考えていることが、こういう機会に自然と反映するもので、自分的には、大学の先生になる直前くらいの心境というものが、この先の先生としての心の持ちようとして、実は一番良いのかなと思ったり。もう少し上手く話せるようになりたいと思う。


卒業生の、なんだか少し不安だったり、晴れやかだったりな面々と話をしてると、本当にこれから先の、活躍が楽しみになる。大きな可能性を感じるというか。僕はこんなだけど、学生達が立派に成長して社会に出て行くことを、心から嬉しく祝福したいと思います。

願わくば、健康に気をつけて、素晴らしい音楽とともに活躍して欲しいと思います。

posted by 古賀慎治 at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする