nombirato!: インバルさんの新世界

2012年03月17日

インバルさんの新世界


もちろんドヴォルザークの交響曲「新世界より」なのですが、僕たちは恐らくオケ人生の中で最もたくさん演奏する曲だと思います。

それだけ、音楽を隅々まで理解しているとも言えるけど、ここはこの位のリタルダンドとか、ここはだいたい間を取るとか実は色んな暗黙の約束事がもう自分のカラダに染み付いているとも言えます。

今日のマエストロ インバルの新世界は本当に強烈だった。曲を良く知っている人ほど度肝を抜かれるような演奏。いや凄かった。

今日を除いて僕はあと2演目3公演で卒業なんだけど、こんなに凄い新世界交響曲に出会えるとは、思ってもみなかったので、本当に音楽の神様に感謝するのみであります。


このところ、演奏旅行辺りからFg堂坂さんとその前列が、Ob本間さんで、僕と合わせて3月で卒業の3人がずっと一直線に並んでました。

今日のFgの2ndは、堂坂さんの後任首席の長君でした。いや、なかなか良い眺めでしたね。新旧首席の引き継ぎを見ているかのようでした。これからの都響本当に楽しみです。


(終演後、わりと急ぎでいたのと、佐賀から出て来てくれた両親はじめ家族がいたので楽屋口ではなく大ホールロビーから出て来てしまいました。オペラシティの楽屋口で、もしも僕のことをお待ちいただいた方いらっしゃいましたらお詫びします。残り東京文化とサントリーホールは楽屋口に一度ご挨拶に伺います。)


【関連する記事】
posted by 古賀慎治 at 18:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日はお疲れさまでした!!

私も、新世界はベートーヴェンの第9と同じくらいたくさん演奏しました。有名なフレーズも多々あり、小さい頃から知っている曲です。今日の演奏は、今まで聴いたり自分が演奏してきたりしたスタイルとかなりちがいがあり、大いに楽しみました♪例えば、1楽章から2楽章への殆どattaccaに近い流れとか。

2楽章のコラール、ブラボーでした(^o^) 小田桐先生とのtuttiも素晴らしかったです!

最後のご出演まで、古賀先生の演奏を楽しみにしています♪
Posted by Tina at 2012年03月17日 18:34
レス遅くなってしまいスミマセン。
新世界はホントポピュラーなシンフォニーですね。指揮者が違うとああいう風に新鮮な音楽になるところが面白いですよね。
Posted by 古賀慎治 at 2012年04月04日 01:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック