nombirato!: お初

2014年10月21日

お初




今日は怒涛の3本更新いきまーす(笑)


13日月曜日にドルチェ東京ミュージックアカデミーの発表会で、ゲストとしてお呼びいただき、ボザのバラードとヒンデミットのソナタ、そしてクール リスの3曲を演奏させていただいた。

ピアノの城 綾乃さんに言われてハッとしたんだけど、オケ生活の間はソロ活動が低調だったなと。小さな本番はもちろん多々あったけど、今回はホント久々に少々冒険的な選曲をさせてもらった。これを機に少しずつリハビリしようかな(笑)

ボザのバラードは、トロンボーンのレパートリーの中では抜群に有名な曲で、演奏される機会も多い。当日アカデミー生のAさんもボザのバラード。選曲は僕が後だったので被ったのは僕の責任。あえて本人の刺激になればと言う意図もあり。しかしAさんもとても音楽的で色彩豊かな演奏をしていた。T君も余裕の感じられる演奏で、良い所がいっぱいあった。




ヒンデミットのソナタは、恥ずかしながら今回生まれて初めての演奏。トロンボーンよりピアノパートの難しさがクローズアップされがちで、僕自身、学生時代からかなり練習してレッスンも受けたけど好きになれずに、一生やらないと一度は決心した作品。

でも今回なぜやる気になったのかと言うと、教師になってから十数年、多くの学生達の演奏を聴いてきて、この歳になって漸くというか、単純に「この曲カッコいいな」と思うようになったこと。

伴奏のリズムや和声がとってもカッコいいなと。学生時代にバンブーラ先生から受けたレッスンは今でも僕の宝物なんだけど、あまりに先生の意向が強くて、多分自分で曲を感じるという大事なことが出来ていなかったんじゃないかと反省した。おこがましいけど僕もヒンデミットに関しては漸く独り立ち出来たと言うところでしょうか(笑)
聴きに来ていた学生に感想を聞いたんだけど、いつもの先生の音じゃなかったと言われたのが一番僕の参考になったかな。どちらかと言うと褒め言葉だと思うんだけど、裏返すといつものレッスン室の音は手抜き??いやまさかねぇ(笑)

僕は、トロンボーンのサウンドは、音楽のイメージの持ち方、感じ方や演奏する空間の響き方を感じることで自然に変わるものだと思っていて、今回は良い方に表れたんじゃないかなと思ってます。特にヒンデミットは演奏前までとは違って良いイメージで吹けたと思う。

ただもう少し門下生には聴いて欲しかったかもね。特にサウンドに関して少なからず悩みを持っている学生には聴いて欲しかったなと、ちょっと偉そうではあるんだけど。悪いサンプルとしてでも何か刺激になったんじゃないかと思ってます。と書くと負け惜しみみたいだけど(笑) 少なくともレッスンで普段言っていることが嘘にならないようにと頑張ったつもり。

少なくともアカデミー生の2人には何かの刺激にはなったようなので、アカデミー発表会ゲストの仕事はなんとか果たせたかな。










posted by 古賀慎治 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407494923
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック