nombirato!: Olaf Ott さんを迎えて

2015年05月31日

Olaf Ott さんを迎えて

DSC01322.JPG5月12日から26日までの2週間、文部科学省国立大学機能強化事業「国際共同プロジェクト」の「卓越教授」として、ベルリンフィル首席のOlaf Ottさんを藝大にお招きしました。卓越教授というのは僕も初めて聞く名前なのですが、このプロジェクトでお招きする先生はこう呼ぶみたいです。当初予定よりもベルリンフィルのラトル後の楽員投票のために来日が遅れてどうなるかヒヤヒヤしたけど、無事にすべての予定が終わりました。もうホントにあっという間の2週間。

藝大では僕のクラスは通常1時間のレッスンを組んでいるのですが、Ottさんはベルリンでもそうしていると言うことでひとりあたり90分レッスンを2回を取ってくださり、学生たちにとっては今までに経験したことのない本当に刺激的で充実した2週間でした。

2週間の間には個人レッスンのほか、「オラフ・オットを迎えて」と題した奏楽堂でのコンサートも企画。そのためにオルガンとの合わせ、トロンボーン14重奏のリハーサルや、クーツィールのカルテット小協奏曲の合わせ、吹奏楽とのクーツィールとブルジョワ協奏曲の合わせ、実技試験の採点とかおさらい会を聴いてもらったりなどなど、連日予定でいっぱい。GR002125.JPG最終日には急遽オケスタをやろうと言うことになり、学生たちを集めてOttさん、僕、大学院卒の村上さん、石川先生、大学院テューバ在籍の田村君による即席セクションによるブラームスやブルックナー、ワーグナー、マーラーなどを演奏しました。

こんなに忙しくて大丈夫なのだろうかと、予定を組んだ張本人が心配しても説得力がないのですが、終わってみて思うのは本当にタフだなぁと言うことです。

レッスンは通訳を置かず学生たちがカタコトの英語で挑むわけですが、心配したコミュニケーションの取りにくいトラブルもなく、最後はみんなOtt先生と仲良くなれて、またOttさんも藝大と学生たちのことを気に入ってくださって本当に良かったです。

レッスンを何回か見学しましたが、ドイツ流のかっちりした理論立てられた奏法と、インターナショナルで柔軟なアプローチのちょうど良いバランスの取れた素晴らしいレッスン。スローカーさんのように、交互に吹いて先生を真似るというレッスンスタイルもまた効果的。みるみる生徒が変わってゆくのは本当に見事でした。

学生たちにはぜひ国外に目を向けて欲しいと言う思いもあり、また僕自身が大学時代にバンブーラ先生から2年間レッスンしていただけたと言うことを今の学生たちにも経験させたいと言うこともあって、頑張ってみました。大変だったけど、今年の管打コンクールやこれからのオーディション関係で徐々にでも結果に結びついてくれるんじゃないかと期待してます。


それから「5月22日トロンボーンの日」ですが、藝大はOttさんを迎えてのトロンボーン三昧の一日でした。曲目は最初に奏楽堂の誇るパイプオルガンとのコラボでギルマンとエベンの2曲。プッチーニ「トスカ」の井元さん編曲版14重奏。休憩後に吹奏楽の伴奏でブルジョワのコンチェルトとクーツィールのカルテットのための小協奏曲。この演奏会のハイライトはブルジョワの3楽章。聴いたことのない速いテンポにびっくり。客席も大いに沸きました。


コンサートの企画というのは、自分にとってほとんど初めてのことで、今回は企画から本番までの日数が短く、本当にいろんな方々に助けられながら、ようやく実現することが出来ました。心より感謝致します。


といった感じの怒濤の2週間でありました。

最後にスナップ写真を貼っておきます。
GR001979.JPG

GR002045.JPG

DSC01312.JPG

DSC01276.JPG

DSC01325.JPG

DSC01327.JPG

GR002161.JPG


posted by 古賀慎治 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
22日はお疲れ様でした。

とても良い演奏会だったと思います。
オットさんはもちろんのこと、学生のみなさんもとても良かったと思います。
聴いていて楽しい演奏会でした。

それにしても、オットさんのスタミナと音圧はスゴイですね。
圧倒されました。
Posted by すがま at 2015年06月14日 08:12
22日は来ていただきどうもありがとう。学生達も本番が一番良い演奏でした。

オットさんは普段は普通の人なんですが、楽器を持つとすごいです。マネしたくてもナカナカ出来ません(笑)
Posted by 古賀慎治 at 2015年06月15日 12:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419925604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック