nombirato!: GR BLOG 終了に寄せて

2015年09月10日

GR BLOG 終了に寄せて

RICOHのコンパクトデジタルカメラが好きでGRD(初代)〜III〜IV〜GRと4代にわたり愛用してきた。そのRICOHのGRシリーズとユーザーを結びつけ、近いものにしてきた「GR BLOG」がついに今日、開始10年目を区切りにひとまず終了するそうだ。ユーザーを育ててくれて、またユーザーの意見を吸い上げてくれた貴重な存在でした。

フィルム時代含めてGRシリーズは僕を写真の楽しみへ誘ってくれた思い出深いカメラ。今のGRはもちろん現役で使っているけど、初代GRDとIVも所有。とにかくズームの効かない28mmと言う画角で工夫してフレーミングすることの楽しさを教えてくれた大切な相棒。今も必ずカバンにはGRかGRD IV を入れていて、スマホのカメラも使うけど、ここぞという時はカバンから取り出してさっと撮れるようにしています。

「GR BLOG」10周年に感謝ということで、HDDにある初代GRDの写真からお気に入りを引っ張り出したいと思う。過去に掲載したことのあるものも含みます。

R0014009.JPG
2007/04/02に赤羽岩淵付近の荒川土手で撮ったもの。曇りだったので桜の色が思うように出ず、モノクロで撮ったのか、あとでモノクロ化したのかちょっと不明。この頃は画像ファイルの管理の仕方もレタッチの仕方も何もわかっていなかったので、結構無謀なもったいないことをやっていたかもしれない。この構図こそもっともGRらしいと感じるもので、手をつないだ親子と桜の下で佇む男性のバランスが閃き以上に良く撮れた。


R0010803.JPG
2006/02/05、都営三田線の春日駅から地上に出たところ、雲一つない青空と文京区役所、一筋のひこうき雲と揃ったので迷わずカバンからGRDを取り出して撮った一枚。



R0013138.JPG
2006/12/22 四谷の上智大脇の土手から。ホワイトバランスを蛍光灯にして撮るという裏技的なものが効果抜群で驚いた一枚。これ以降は夕焼けはホワイトバランスを変えて撮るようにしている。


R0013283.JPG
2007/01/10藝大美術学部絵画棟。非常勤だった頃に撮った一枚。グラデーションが非常に綺麗。


R0012504.JPG
2006/09/01 札幌市内を歩いていて見つけた風景。「日本って本当に平和か?」って落書きに反応してシャッターを切った気がする。もうちょっと文字を大きく入れたかったかも。


R0011491.JPG
2006/05/05 初回?ラフォルジュルネにて。巨大建築物、構造物を撮るならココというあまりに有名な東京国際フォーラム。


R0010174.JPG
今は無き不忍池脇にあった変な形のホテル。


R0011405.JPG
大阪だったかのスタバにて。当時シャープのザウルスで文章打ち込んでブログにアップするのが好きだった。電車の中で作文するのが最もアイデア豊富で良かったんだけど、今はねぇ(笑) この柔らかな暖色系好みです。


R0013600.JPG
佐賀の吉野ヶ里遺跡にて。モノクロがよく似合うなとシャッターを切った。逆光や光ったものにレンズを向ける習慣が出来たのはGRDのお陰でしょうね。


今では800万画素と言えば数字的にはスマホカメラ並みだけど、GRDを持った時に抱く特別な感情みたいなものがスマホカメラには無い。今思えば、GRD初代の頃が一番写真に閃きがあったなぁ(笑)。

僕的には次のGRが出るとしたらセンサーを最新の最高のものにしてもらうのは当然として、操作系を一度リセットして基本操作以外何も出来ない、きわめてシンプルな(不自由な)ものにして、その分撮り手側に想像力を求めるような、一度原点回帰をしてもらいたいなと思う。

と言いながら、「GR BLOG」が終わることに、「ひとまず終わる」というライターさんの言葉以上の不安を感じているのは僕だけだろうか?これからも不変のコンセプトを貫いた潔いGRと、新しい形の「GR BLOG」の登場を心から期待しています。とにかくGRシリーズの登場10周年と「GR BLOG」の10周年おめでとう。そしてありがとう。これからも期待しています。

posted by 古賀慎治 at 16:59| Comment(2) | TrackBack(0) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古賀さんもそうでしたか。
私も、今回の幕引きにちょっと合点がいかないんです。
何しろGRUが出たばかりです。
普通ならば、買い換えましょうよキャンペーン記事(笑)でも始まるのが、
今までの流れじゃないかと思っていたので、
終了と云うのがちょっと唐突に感じていました。

既存のGRユーザーからも、
今回のU更新の内容が必ずしも好意的に受け止められてはいない面がある
(機種変には訴求力が足りない)事とか、
或いは来年春と云われるペンタ印のフルサイズ一眼の開発
(当初年内と言っていたのが延びました)が、
何某かの影響を与えてるのかしら・・・という気もします。

当然ですが、銀塩のGRからGRD、そして今のGRまでの流れの中で、
劇的に変わったのは今や猫も杓子もスマホ全盛!
誰もが日常で撮影している世の中になっちゃった・・・という事は、
今回の一件に関しても影響が大きい気がします。
(しかもiphoneがやたら良く写るし)

各社コンデジの廉価版はほぼ壊滅に近い状態、
高級路線へシフトする流れが出来てます。
その中でGRの今後の舵取りが難しいところへ差し掛かっているように思うんです。

例えば、未だ8bitのDNG形式のRAWデータ採用とか、
起動時間がミラーレスに比して遅れているとか、
根本的な解決が必要では?と思う部分も幾つかあります。

仰るようにシンプルで基本性能を高めた次世代のGRを準備するまでの、
これは休息期間であって欲しいなあ、と私も思います。
Posted by しげくん at 2015年09月18日 22:56
唐突ですよねぇ。前から決まっていたことと言うより10周年というのを利用したという感じが少なからず感じられたのが心配の元ですかね。ミスターGRの野口氏はじめライター陣も今ではほとんどの方が他の部署に異動されているようだし、一本筋の通った商品企画が出来ているのかなと、心配になっていました。特に今回のGRUを見て特にそう感じます。未だディスコンのアナウンスのないまま放置のGXRのような悲しい末路にならないよう願うばかりです。もしもRICOHがGRを続けられなくなる事態が起こるとしたら、デジカメ業界もいよいよ末期的というか、大変な事態ですね。

今現在GR1sと、初代GRD(実は特別なカスタマイズが仕込んであるので手放せない)、1/1.7インチセンサーの完成形GRD4と、APS-CサイズのGRを持っているので、僕のようなライトユーザーは壊れなければ当分楽しめると思います。10月にあるというイベントが、何か良き知らせの発表の場だと良いのですが。
Posted by 古賀慎治 at 2015年09月19日 00:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425674397
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック