nombirato!: 音の伸びについて考え中

2015年12月13日

音の伸びについて考え中



昨日と今日、藝大奏楽堂で特別編成によるオーケストラのコンサートに出演してます。主催はレクサス(トヨタ)で、レクサスのオーナーを抽選でご招待ということで非公開。奏楽堂は1100人しか収容できない事もあり、2日間で4回の公演。

そのコンサートの冒頭、廣江先生によるパイプオルガンの曲で始まり、ストラヴィンスキーの祝賀前奏曲、ヴィバルディの四季、運命の力序曲、ウィリアムテル序曲、カヴァレリアルスティカーナの間奏曲、そしてメインはレスピーギのローマの松と言ったイタリアンなプログラム。

ローマの松1楽章最後のトランペットのB♭のユニゾン強奏を隣で聞いた時、あることが頭の中で閃いた。「パァーん」と鳴る栃本さん達トランペットセクションの音は、単なるロングトーンではあるけど、まるで会場の後ろに向かって飛んで行くようで、とても心地よい。

1楽章のトロンボーンのフォルテのユニゾンも、一つ一つの音は、丁寧に伸びて行くようにイメージして吹いている。

僕たちが生徒に対してレッスンする時に、例えばDAVIDの冒頭のE♭を「パァーんと!遠くへ!!」と言いながら、ベルの先からホールの後ろに向かって大きなゼスチャーで手のひらを動かして見せるあれ。ベルから出た音がまるで生き物のようにホールの後ろに向かって伸びて行くイメージ。

電子オルガンの持続音を聞いてもなかなか音の伸びや動きは感じられないし、機械的、電気的な持続音から音の伸びは感じられない。今は僕が知らないところでテクノロジーが発達していて、打ち込みで音の伸びを表現できるのだろうか。


たくさんの生徒やプロを見渡して、実はこの伸びる感覚を持ったプレーヤーって意外と多くないなと、日頃から感じる所はあった。一流どころのプレーヤーはトロンボーンに限らず皆間違いなく伸びる感覚を持っている。


その音の伸びる感覚、動く感覚と言うものの正体は何だろうなと、言うのが今一番頭から離れないこと。

昔新日フィルに居た頃、世界的なヴァイオリニストで指揮者のメニューインが来た時に、弦も管も、楽器から出る楽音の基本は減衰音であると仰った事があって、今でもそう感じている部分はある。減衰音が伸びる音の正体かと言うと、完全にそう断言できるわけではない。将来的に機械で計測して研究が進めば解明されることなんだろうか?


実は今回最も興味をひいているのが奏楽堂のパイプオルガン。舞台上で聴いていて、パイプオルガンの持続音って、ズーンって響きながら伸びる感覚があるんだよね。音楽的な動きを持っている。一体この感覚は何なんだろうと。


今日もこれから本番2回、いろいろ楽しみです。レクサスオーナーの皆さんに楽しんで貰えるよう頑張ります。


posted by 古賀慎治 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック