nombirato!: Percy Faith 没後40年を偲んで

2016年02月10日

Percy Faith 没後40年を偲んで


久しぶりの更新になってしまいました。

mixiのマイミクさんが発言されていてハッとしました。2月9日と言えば1976年2月9日がFaithの命日。しかも亡くなってから今年で40年。

僕は今でこそ大学でクラシック音楽の中のトロンボーン周りをエラそうに教えているわけだけど、自分が音楽の道に進もうと思った大きなキッカケはPercy Faith and His Orchestraの「The Great Concert Live in Japan 1974」をNHK-FMのサウンドオブポップスという45分番組で聴いたことだった。

幸いYouTubeで全曲聴ける音源があるのでリンク貼っておきます。

https://youtu.be/FW4GCZIvIAY

出来ればリマスタリングしてハイレゾで配信してほしいなと願わずにいられない今日この頃です。

Percy Faithについて、一応wikipediaからの引用
元記事はこちら

パーシー・フェイス(Percy Faith, 1908年4月7日 - 1976年2月9日)はアメリカ合衆国の作曲家、編曲家、指揮者、音楽プロデューサーである。カナダのトロントで生まれ、イージーリスニングやムード音楽分野で著名である。



YouTubeにLPレコードまるごとアップされているのにはホント驚きましたよ。これは現代のようにエフェクトなどテクニックを駆使した音源ではなく、オケの実力が直接仕上がりに結びついていて、もちろん編集はされているんだろうけど、演奏のクオリティとしては今聴いても驚異的に高いと思います。本当に素晴らしいと思います。


それで、中学生だった僕がこの演奏を聴いて受けたインパクトを羅列してみますが。今となってはちょい恥ずかしいけど。

ポピュラー音楽に目覚め、
ムード音楽、イージーリスニングにのめり込み
ジャズに目覚め、
ボサノバに目覚め、
ラテン音楽が好きになり、
オーケストラが好きになり、
3曲目(邦題:これからの人生)でトロンボーンのソロを初めて意識し、
フリューゲルホーンの音色に魅了され、
トロンボーンセクションのセクションワークに魅了され、
4曲目Day By Dayでトランペットセクションのサウンドに圧倒され、
特にBuddy Childers氏のプレイにのめりこみ、
5曲目サテンの夜は毎日見ていたサガテレビ夕方の天気予報の音楽だったし、
7曲目My Heart Cries For Youでは再びBuddy Childers氏のあまりにエモーショナルなヴィブラートに涙し、その後今に至るまで僕のヴィブラートのお手本であり、
追憶ではバストロンボーンにあこがれ、
名手の皆さんはアドリブプレイの素晴らしさを教えてくれたし、
弦楽器の生の音を聞きたくて仕方がなくなったし、
同じ曲でもアレンジによって全く変わると言うことを知ったし、
何よりPercy Faithという人に興味を持ったし、、、、

自分もいつかあんなステージに(実現は不可能だろうけど)立ちたいと漠然と考えるようになり、のちに入手したLPレコードジャケット写真の、オケ全員が立って挨拶しているところのトロンボーン(テリー・ウッドソン氏?)の楽器を左手に持ち腰のあたりに置いた姿勢というのは、実はオケで演奏した後お客様に向かって立つ場合、100パーセント意識して真似してます(笑)。トロンボーン持っての立ち姿が凄く格好良く見えたから。

まあ、関係ない人が見たら「なんだこれ?!」「おまえ大丈夫か^^」という感じかもしれないけど、僕はこういうインパクトを受けていまだにこの世界で生きていると言うことなんですけどね。

LPレコードは持っているけどレコードプレーヤーはないので、いつもはデジタル音源にしたものをiPodやiPhoneで聴いているわけだけど、今夜はYouTubeにあった音源聴きながら彼を偲ぶとしよう。

あ、てっぺんをまたいでしまったか(^^;)


posted by 古賀慎治 at 01:10| Comment(2) | TrackBack(0) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう40年、本当に早いものですね。彼のコンサートは66年の第1回と71年の第2回来日公演を聴きました。初回公演のプログラムには彼自身の挨拶文があり、そこには「私は世界有数のインスツルメンタリストを何人か含めた完全なオリジナル・レコーディング・オーケストらを率いてまいります」とあります。ツアー用の寄せ集めオーケストラではないんだというところに、初めての日本公演(単身での来日はありましたが)に賭ける意気込みが感じられるように思います。
事実メンバー表にはテッド・ナッシュ、マニー・クライン、バディ・コレット、ヴィンセント・デローザ、ジミー・ロウルズ、ジョー・モンドラゴン達の名前が見られます。
来日した数多くのムード音楽オーケストラを今まで聴いてきましたが、パーシー・フェイスを凌ぐものはひとつとしてなかったと断言できます。
Posted by サンドオイル at 2016年02月10日 10:18
遅くなりました。
今となってはなんと贅沢なオーケストラだったのかと思います。生で観たかったなと思いますが、せめてライブ盤の再発だけでも願いたいところです。
>「私は世界有数のインスツルメンタリストを何人か含めた完全なオリジナル・レコーディング・オーケストらを率いてまいります」
というところには彼の人柄も感じますね。ありがとうございました。
Posted by 古賀慎治 at 2016年02月14日 02:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック