nombirato!: 東京藝術大学・海上自衛隊東京音楽隊 合同演奏会(一部訂正済)

2016年02月16日

東京藝術大学・海上自衛隊東京音楽隊 合同演奏会(一部訂正済)

東京藝術大学・海上自衛隊東京音楽隊 合同演奏会
〜東日本大震災復興に寄せて〜

この前の日曜日、世の中はバレンタインデーでしたが、藝大ウィンドと海上自衛隊東京音楽隊の合同演奏会があって出演しました。

プログラムは
海上自衛隊東京音楽隊は「河邊一彦 / 祈り〜a prayer」(ソプラノ独唱 三宅由佳莉3等海曹)、「福田洋介 / 吹奏楽のための群青」。東京藝大ウィンドオーケストラが「スパーク / 陽はまた昇る」「バグパイプ・ファンタジー」「スミス / フェスティバル・バリエーション」、そして合同ステージでは「ベートーヴェン / ヨルク軍団行進曲」「伊藤康英 / 叙情的祭」「リード / アルメニアン・ダンス パート1」アンコールにブロックM、行進曲「軍艦」

という感じでした。

東京音楽隊の皆さんと一緒に演奏できて学生達はいろんな刺激を受けたと思います。東京音楽隊は歴史もあり、バンドのクオリティがとても高いですね。規律正しい雰囲気や、立ち居振る舞いとか、大学生ではなかなか出来ないことを多く間近で見せていただき、いつもと違う緊張感を持って舞台に臨んだ学生も多かったと思います。

僕が最も感じたのは東京音楽隊の合奏力の高さ、マーチのテンポ感が本当に心地よい。言い換えると学生には足りないところなんだけど、吹奏楽の作品は年々高度化、難曲化している面があって、コンクールなどでそんな難しい曲を演奏して来た学生も多いけど、吹奏楽の基本はやっぱりマーチなんだなぁと痛感した演奏会でもありました。

アンコールに海上自衛隊の正式な儀礼曲と制定されている行進曲「軍艦」も合同で演奏させていただいたけど、横で吹いていて誇りを持ってこの曲を演奏している感じがビンビン伝わってきて、本当に失礼ながらパチンコ店でのイメージが強かった身としては本当に身の引き締まる思いでした。

蛇足ながら学生達にはこの曲を知らなかったという声も多く、先生としては吹いたことのない曲も勉強しておいて欲しいし、今回のような貴重な機会をいただけて本当に良かったなと思いました。最後にトロンボーンセクションみんなで記念撮影。ありがとうございました。
image.jpeg

image.jpeg




posted by 古賀慎治 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433893855
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック