nombirato!: 第9回日本大学藝術学部音楽学科トロンボーン専攻有志による定期演奏会の雑感など

2016年03月01日

第9回日本大学藝術学部音楽学科トロンボーン専攻有志による定期演奏会の雑感など


いよいよ年度末の3月に突入して、今は入試の真最中なんだけど、少々遅めの日藝トロンボーン定期についての雑感などを。

前記事でご存知の通り僕が関わる最後の仕事となった演奏会。

《プログラム》

ペリのファンファーレ (4Trbs)

Eight Trios For Trombones / Allen Chase (3Trbs)

Suite For Trombones / Goff Richards (4Trbs)

春を呼ぶ声を聞く / 高嶋圭子 (2Trbs Piano)

Libertango / Piazzolla 今村岳志 編 solo.古賀慎治 (4Trbs Tuba Per)

Les Misérables / 今村岳志 編 (7Trbs Tuba Piano 3Per)

これにアンコール2曲という感じです。学内での無料のコンサートです。現在トロンボーン専攻の学生が4名という条件でのプログラムとしては、とてもよく練られていると思います。僕もソロと大編成の曲に参加、他にも卒業生の二人とテューバと打楽器とピアノのメンバーの賛助もいただきました。佼成ウインドのトロンボーン奏者、トワイライトトロンボーンカルテットでもおなじみの今村岳志君の編曲によるピアソラとLes Misérablesメドレーですが、演奏者の力量に見合った、しかも音楽的に優れたアレンジを提供していただいたのが、コンサートの成功につながったのは間違いないですが、やはり原動力になったのは、たった4人の専攻生ということですね。よく頑張ってくれました。

image.jpeg
今回の企画が決まった後に、今年度いっぱいでの退職を学生達に伝えたんだけど、みんなちゃんと受け入れてくれるだろうかと不安でした。僕には僕なりの理由があるんだけど、彼らには言ってみれば関係ないことなので。4年生はさすがにすぐ理解してくれたんだけど、下級生は頭では理解してくれているようだけど、納得してくれるのにはもう少し時間が必要かもしれない。新年度が始まり、新任の先生のレッスンが始まり、今までと同じく明るい中にも緊張感ある雰囲気になっていけばいいなと思っています。

本番当日など、本当に和気あいあいとした雰囲気の中で演奏会を開くことができて、僕もこれが最後の仕事と気張らずに済んだ面はありましたね。ピアソラも今村君の編曲が冴えていて、難しかったけど本当に楽しく演奏できました。


15年前、日藝のお仕事を恩師の永濱幸雄先生から受け継がせていただいて、定年までは勤めたかった気持ちも強くあったし、でも自分のこなせる仕事量も考えないといけないし。去年はそう言う意味でいろんな事を考え、悩んだ一年でした。他にも継続的で大事な仕事から離れる決心を幾つかしました。自分にとってこの先仕事ができる期間と、出来ること、やりたいことなどあれこれ考えてみても、これが正解というのはなかなか分からないわけです。演奏する仕事の割合をもう少し増やしていきたいという方向で出した今回の結論に対して、責任を持ってやっていくしかないなと思っているところです。

日藝での15年間は、本当に素晴らしい学生達との出会いに恵まれ、貴重な15年間でした。教師としてトロンボーンを教えるという事は、一貫してやって来れたと思ってますが、むしろ教えることによってこちらが気付くことや教えられることも多かったし、人間的には逆にこちらが学ぶことが多かったと思います。個性豊かで純粋で、人懐っこい彼らとの交流を持てたというのは、自分の人生の中でも本当にかけがえの無い財産となりました。生徒達やお世話になった卒業生の皆さん、先生方に心から感謝します。ありがとうございました。


退職して本当に良かったのか?と暫くは自問自答が続くと思います。まあそんな性格なので(笑)すみません。





posted by 古賀慎治 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434443948
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック