nombirato!: 北海道教育大学岩見沢校 「ブラスギルド」

2016年04月07日

北海道教育大学岩見沢校 「ブラスギルド」

R0012636.JPG今年も長い長い入学試験が終わり、おかげさまで我が校のトロンボーン科には無事3名の新入生を迎えることが出来ました。なにしろ入試が始まってから3次試験、そして発表まで20日位かかるので、受験生の皆さんはモチベーションや体調を維持するだけでも本当に大変だと思う。今は授業も始まり、各面談やオリエンテーションの時期。

短めにと言いながら延びてます(笑)が、既報の通り3月の15日は札幌時計台ホールで、「ブラスギルド」(北海道教育大学岩見沢校金管楽器専攻の有志学生による金管アンサンブル)の第3回レギュラーコンサートにゲストとして出演させていただきました。

DAVID作曲のConcertino全曲と、トロンボーンアンサンブルのクレスポ作曲のブルックナーエチュードと、ほかに大編成の曲何曲かご一緒させていただきました。

演奏会の模様はこちらにアップされていますのでよければご覧ください。
http://youtu.be/gDU0trpx1Bc?list=PLYGC1UqpskVRezqiew_Rt3BXLHIBZNi7O

DAVIDはこちら
http://youtu.be/4i6cHiIDcAc?list=PLYGC1UqpskVRezqiew_Rt3BXLHIBZNi7O

DAVIDは言うまでもなくトロンボーン吹きにとってコンクールやオーディションで必ずお目にかかる名曲なんだけど、そういう曲は本当に難しいですね。久々に全曲演奏させていただいて改めて色々と勉強になりました。

当日は札幌交響楽団のトロンボーンセクションの皆さんやトランペットの方々、偶然札幌に滞在中のプロの方がお忙しい中聴きに来てくださいました。ありがとうございました。ツイッターで思わず呟いたけど、本当にオーディションを受けているような気分になって、少しだけ怖かったです^^;

編曲してくださったのは昨年度から北海道教育大学岩見沢校の先生になられた作曲家の阿部俊祐さん、指揮は渡部謙一先生です。阿部先生は藝大の作曲科に在籍していた時に僕がトロンボーンの副科をレッスンしていたというご縁、渡部先生は藝大の1つ上の先輩で、芸大寮で同じブロックで3年間を過ごした仲というご縁です。阿部先生、渡部先生、そして学生の皆さん大変お世話になりました。素敵な会場での心温まる素晴らしい演奏会でした。






posted by 古賀慎治 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436330393
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック