nombirato!: 自立した演奏

2016年04月18日

自立した演奏

土曜日に奏楽堂で開かれた同声会新人演奏会2016に行きました。同声会と言うのは東京藝大音楽学部の卒業生で構成される団体で、毎年新卒者の中から優秀な演奏家のお披露目のための演奏会を開いていただいてます。

今年の金管はトランペットの高森さんとトロンボーンの井さんが出演。二人とも改めておめでとう。

ご存知かもしれないけど、井さんは昨年の管打コンクール入選、そしてこの4月から九州交響楽団の首席奏者に合格して採用された期待のトップランナーです。

井さんの学年は僕の赴任と同じ年の入学で、初の4年間門下だった学年。先生としても4年間の成果を問われていたと言えるんだけど、まあ本人の努力と意識の問題なので、僕が何か強力に力を発揮した訳ではありません。それはくれぐれも誤解の無いようにお願いします。

井さんの演奏した曲は、ベルト・アッペルモント作曲の「カラーズ」。今回は一度もレッスンしてませんし、過去に見たこともありません。その晴れやかな演奏を聴いていて、ある事に気がつきました。歌い回しなどは彼女自身のもので僕に似ているとか全く感じなかったんだけど、スライドのポジション取りが僕の演奏とほとんど一緒。イヤ、驚きましたね。

トロンボーンは基本的に7つのポジションを駆使して全部の音を鳴らすので同じ音でも複数のポジションの選択肢がある場合が多いです。なるべく短い管長で鳴らした方がハッキリした音で外れにくいとか、早いフレーズやレガートなどは流れを重視した遠目のポジションを選んだり、それなりにポジション取りを見ているとそのプレーヤーの考えていること(何も考えていないことも含めて)手に取るように分かります。

僕のポジション取りに似てしまって大丈夫なのか?という気もしますが、プロとしての意識を感じる演奏でした。ちゃんと自立心があって先生としてはもう何も言うことが無い演奏でした。これからあとに続く後輩たちも彼女のように音楽的にも自立した演奏を目指して欲しいと願ってます。





posted by 古賀慎治 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Teacher's eye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック