nombirato!: 本当のプライド

2016年09月03日

本当のプライド


かれこれ17年くらい教えに行ってる高校の吹奏楽部での話。考えたら今やらせてもらっている仕事の中で、一番長く続いている仕事になった。

やってることは、ビシバシ鍛えるという事とは無縁で、ほとんどの場合お悩み相談という感じ。これも、その学校の生徒達の意識が高いから成り立つのであって、他の学校でも同じレッスンで効果が上がるとは言えない。

とあるレッスンの日、普通なら課題曲のココが吹けないとか、ハイトーンが出ないとか、そんな話をして来る生徒達の中で、ちょっと相談があるのですが、、と言う子がいた。

とても上手な子で、僕をご存知な方はわかると思うけど、僕から音大受けないの?とか、絶対言わないのに、僕から珍しく「音大受ける気は無いの?」と思わず言ったくらい吹けるプレーヤーです。その子がA編成からB編成に移ったと言ってたのでオヤ?と思ってました。

詳しくは知らないけど、顧問の先生と少しすれ違ってしまったというか、きつく何かを注意された時に、そこで意地を張ったのか、自分からB編成に移りますと、(本心でなくつい)言ってしまったのを、後悔していたのが、言葉の端々から滲み出ていた。その後周りの生徒達の中ではB編成で演奏するのが楽しそうに振る舞っていたそうな。

プライドがそうさせるのか、僕にはその気持ちがホント痛いほどわかった。でもそこでどうしたら良いか、僕的には答えは1つしかなくて、「自分の気持ちに正直になるしかないんじゃない?」「先生に分かってもらうまで正直に謝るしかないよ。」と言うことを本人に伝えてその日は学校をあとにした。



後日、無事A編成に戻ったと言う話を聞いた。顧問の先生に謝れば良いと、言葉で言うのは簡単だけど、それを行動に移すのは、大変な決心が要ったのだと思う。顧問の先生にも話を聞いたけど、かなり号泣しながらの謝罪だったようで、それまでの、その子のキャラクターからすると想像も出来ないような出来事だったそうですよ。しかし本当に良く言えたね。素晴らしい。

当事者本人にすると「こんな事書くな!」って思うかも知れないけど、この前会った時は本当にいい顔、いい目をしてました。それがとても嬉しかったので当欄のネタにさせてもらいました。その子は多分これからどんな所に行ってもしっかり生きていけるなと、少々大袈裟だけど感じました。これからまだまだコンクールシーズン続くので、みんなで一丸となって頑張って欲しいなと思ってます。


posted by 古賀慎治 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Teacher's eye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック