nombirato!: 初渡米 藝大ウインドオーケストラ ミッドウエストクリニックへの参加

2016年12月26日

初渡米 藝大ウインドオーケストラ ミッドウエストクリニックへの参加

PC150447.JPGまたまたご無沙汰でした。今回は今月の14日から17日にかけてアメリカ シカゴのMcCORMICK PLACEで開催された「The Midwest Clinick」のコンサートプログラムの最後で演奏すべく、藝大ウインドオーケストラの学生達を連れて行ったお話。指揮の山本先生とソリストの十亀先生以外は本番には参加出来ないとのことで、そのほかの引率の教員は、地元高校(St Charles East High School)との交流演奏会と、シカゴ美術館附属美術大学(School of the Art Institute of Chicago)のホールでのコンサートに参加しました。今回は5泊7日の予定で、その中に3回の演奏会が組み込まれていて、なかなかハードなスケジュールでした。上の写真はフレデリック・フェネルさんのお出迎えを受けているところです。

今回RICOH THETA(シータ)と言うカメラを持って行ったのでその写真を中心に書きます。シータはワンショットで360度のグーグルストリートビューのような全天球写真を撮影できるカメラです。パソコン、スマホ共に、ぜひ左下のTHETAのリンクをクリックしてフルサイズの画像をご覧ください。

-Spherical Image - RICOH THETA

これはSkyline Ballroomというメインのコンサート会場で、本番直前の客席からの様子です。およそ3000人は入る巨大な会場で、僕たちの感覚からすると、響きがデッドすぎて演奏が大変なように見えますが、おそらく天井にドーム状に反響板のようなボードが設置されているお陰で、想像以上に音が良く届き、PAなど使わずとも十分に演奏が楽しめました。これは日本のイベント会場などでも設計の上で参考にしていただきたいところです。




Post from RICOH THETA. -Spherical Image - RICOH THETA


楽器メーカーや楽譜の出版社、ステージ衣装のメーカーなどありとあらゆる音楽関連のブースが集まった会場の入り口に、過去にアワードを受賞した人たちの写真を飾った円形のウォールがありました。THETA写真には持ってこいの被写体(笑)



-Spherical Image - RICOH THETA


本番前にミッドウエストクリニックのプレジデントRichard C. Crainさんから盾の授与がありました。


ちなみに、今回のメインのプログラムはこんな感じ
Liberty Fanfare / John Williams
Awayday / Adam Gorb
Adagietto from Symphony No. 5 / Gustav Mahler / Koh Shishikura
Bagpipe Fantasy based on an Irish Folk Tune / Katsumi Nakamura / Masashi Togame, Bagpipe
Belkis, Regina di Saba / Ottorino Respighi
Welcome to the Imagination World / Daisuke Shimizu
March, Rolling Thunder / Henry Fillmore
Danse Folatre / Claude Thomas Smith

PC170653.JPG山本先生のご指導のもと、十分な練習を積んで来たとはいえ、全体的な雰囲気としてなかなかしっくり来なかった学生達だけど、シカゴに来てようやく目が覚めたようです。ミッドウエストでの演奏はそれこそ目の覚めるような素晴らしい演奏でした。ベストパフォーマンスと言って良いと思います。録音や録画が手に入れば早く見てみたいです。




-Spherical Image - RICOH THETA


翌日、シカゴ市内中心部にあるシカゴ美術館附属美術大学(School of the Art Institute of Chicago)のホールでの市民向け無料コンサートに出演しました。ホールはウィーンのムジークフェラインを小型化したようなうり二つの内装だそうで、昨日までの近代的な場所と違って、落ち着いた気持ちで演奏できました。ここでは藝大学長の澤 和樹先生との協演もあり、また金管十重奏も演奏しました。




-Spherical Image - RICOH THETA


同じくホールのステージ側から。



以下打ち上げ3ショット
-Spherical Image - RICOH THETA


こちらトロンボーンパート




-Spherical Image - RICOH THETA


これは1日前の打ち上げですが、トランペットパートの皆さんです。一人テンションの違う人が(笑)




-Spherical Image - RICOH THETA


全体の乾杯の図



-Spherical Image - RICOH THETA


最後にシカゴ在住の友人、チューバ奏者の舟越道郎くんに予約してもらって、氷点下20度を伺うような極寒の中を「JAZZ SHOWCASE」という、老舗中の老舗ジャズクラブへ行きました。今回唯一の観光らしき事だったんだけど、疲れから半分は意識不明でした(^^;)。しかし本当に素敵なライブハウスです。オーナーの許可をいただいて特別にステージに上がらせていただきました。真ん中にはチャーリー・パーカーの写真が。店内には歴史を示すチラシや写真の数々が多数。もっとゆっくり見たかった。

最終日の朝はホテル前のシカゴ川が凍り付いていて、氷点下23度というのもうなずける気候でした。いろいろ見ているとモスクワやアンカレッジなどよりずっと寒いところでした。

気候的には不安がいっぱいでしたが、無事にみんな元気に成田まで帰ってこられて本当に良かったです。指揮の山本先生はじめ、コーディネートしていただいた藝大のグローバルサポートセンターの齊藤先生、横田先生、そしてブレーンの皆さん、本当にありがとうございました。そして学生のみんな、素晴らしい演奏をありがとう。

僕はとりあえずTHETA写真の発表の場が出来て良かった(笑)。しばし冬休みをいただいて体のメンテナンスをやっておきたいと思います。



posted by 古賀慎治 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445248908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック