nombirato!: 日藝の第10回トロンボーン定期へ

2017年02月21日

日藝の第10回トロンボーン定期へ


昨年度いっぱいで退職したものの、お誘いいただいたし、現状教え子しかいないので、一年ぶりにみんなの様子を見に江古田にある音楽学科の小ホールに行って来た。気分はすでに母校へ行く感覚。トロンボーン定期も在職中に始まって、ついに10回目か。。。

今の専攻生の女子3名と男子1名で、正直定期演奏会を乗り切るのは大変だったと思うけど、一年ぶりに聴いた彼らの演奏からは、テクニックや音楽性もさることながら、人間的にも大きな成長を感じることができた。

退職の前は、後任の新田幹男先生に迷惑をかけるんじゃないかとか、いろいろ心配な面もあったけど、聴いてみて一番感じたのは、この一年で、見事なまでに、新田先生のカラーに染まったなぁと感じることができたこと。良い意味で。サウンドがここまで変わるとは想像できなかったこともあり、寂しい感覚も10パーセント位あったけど、90パーセントは「もう大丈夫」という安堵感。本当に素晴らしい先生にバトンタッチ出来て良かった。

これは親離れというより子離れの感覚のハナシかもね。行って良かった。卒業生達との会話も楽しかった。

また近々会いましょう(笑)




posted by 古賀慎治 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447200923
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック