nombirato!: サウンド雑感

2017年06月11日

サウンド雑感

今回は最近考えていることから。上級者からプロにかけてのお話かも。

良いサウンドを得るのに、僕としては楽器やマウスピースを替えても根本的なその人の音は変わらないと思っているので、そのプレーヤー自身のセンス、イメージ、音楽性などを総合的に、時間をかけて根気強く向上させないとサウンドは変わらないと、僕はずっと信念として思って来た。また、実際にたくさんのステージを経験し、様々な環境を体験して、日々成長することが出来れば自ずとサウンドは変わってくるはず。

音が細いとか太いとか、堅いとか柔らかいとか、明るいとか暗いとか。いろんな評価軸があるけど、こういう音になるべきと周りから強要することなのだろうか。あまりに言われ続けると誰しも不安になるし、場合によっては一人のプレーヤーの将来を奪いかねない。

良く通る音で、響きが豊かで、ハモれる音で、、、プロとしての水準を超えていれば、そして何より魅力ある音ならばそれで良いのではないかなと強く思う。

昨今、様々な楽器メーカーによるサウンドキャラクターの違いや広がりは、むしろ選択肢がたくさんあって、プレーヤーそれぞれの個性が際立つし、僕はとても歓迎している。だから今までに自分の教え子にこのモデルの楽器を使いなさいと言ったことは一度もない。選定を頼まれて音を聞いて賛成か反対かは言うし、適性に合ってそうなのも、訊かれればもちろんアドバイスはするけど。

それから、最近しばしば聞くようになった、より深刻な話。

楽器やマッピの仕様が周りと合わないから仕事が来ないんじゃないか?と言うフリーのプレーヤーからの不安、悩みを聞くようになった。そんなはずはないと思うんだけど、実際に使っている楽器によって仕事に呼ぶプレーヤーの選別が起こっているのだろうか?それとも、単にみんなが良いという楽器を使って安心したいだけなのか。単に忖度しすぎなのか思い過ごしなら良いのだけど、どうなんでしょうね。ただこの手の似たような話はトロンボーン界隈では昔から多かったような気がする。トロンボーン吹きの気質とか特性なのかもしれないけど。

プレーヤー本人がその人の感性で、「好き」とか「心地よい」と感じる楽器やマッピを使うのが、まずは本筋であって、メーカーやサイズ、その他セッティングをセクションで統一してサウンドを外側から揃えるというのは、正直どうかなと思う。短期的、表面的には合うかもしれないけど長期的には疑問。むしろアンサンブルをたくさんやってアンサンブル力を上げた方が良いのでは。

あと、プロとしての契約があれば、もちろんその契約は責任を持って全うしなきゃいけない。当然。


・・・とまあ結論は出ないわけだけど、サウンドは人の声と一緒でその人固有のもの。楽器やマッピで変わるのは、たぶん味付けの部分ではないかな。どうしたら地声の部分を向上することが出来るのか。本質を見誤らないように、いろいろと試していかないといけないと思う。


posted by 古賀慎治 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450770568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック