nombirato!: この2〜3週間の出来事

2017年07月21日

この2〜3週間の出来事


関東は雹が降って、いつの間にか梅雨明け。毎日暑いですがいかがお過ごしですか。

この2週間は、自分にとって2年ぶりにやって来たハードワークな日々でした。終わってみればあっという間。結果オーライではあったけど、多くの方々の助けでなんとか乗り切った感じ?いや、奇跡が起こった。以下ログ的に記しておこう。

7/5吹奏楽定期に向けて、Olaf OttさんでT-Boneを共演するため、4年生の2人手分けをしてソロの代奏をしてもらい、4回の授業(リハ)。山本先生のご指導でバランスを中心にかなり良いところまで仕上がった。本番に期待が高まる。

Ottさんを7/3早朝から7/19の深夜まで、卓越教授としてお迎えする。今回はスケジュールの都合上どうしても1回のリハーサルしか取れなかったけど、吹奏楽定期で見事なT-Boneを演奏していただいた。本当に鳥肌が立った。学生たちの薔薇の騎士も素晴らしい。ホルン大健闘。

吹奏楽定期、プレトークという大役を任され、準備はしておいたものの、かなりテンパったところをお見せしてしまい申し訳ありませんでした、、、

Ottさんにはその後トロンボーン科の学生たちを、1人2回ずつと、他に芸高生2人、バストランペット、チューバ、オケスタ、アンサンブルと、みっちりハードにレッスンしていただいた。おさらい会も聴いていただいたな。

Ottさんとてもフランクで暖かいお人柄で、2年前の来校時より、今回はとても和やかで、厳しい中にも笑いの絶えない素晴らしいレッスンだったと思う。あの音を間近で聴ける効果は、本当にすごいとしか言いようが無い。Ottさんには本当に感謝の言葉もない位です。

7/9は同時期に来校されていた同じくベルリンフィル首席のヴェンツェル フックス先生の演奏会。指揮は山本正治先生、共演は高木綾子先生と山本正治先生。伴奏は藝大チェンバーオケ。演奏はもちろん素晴らしかったし、夢のような組み合わせの演奏会だった。

7/15は僕の1年先輩、ユーフォの渡部謙一先生率いる北海道教育大学スーパーウィンズの皆さんをお迎えして藝大ウィンドとのジョイントコンサート。僕は藝大側の企画。Ott先生にも、予定より1曲多く、快く乗っていただいた。ご本人非常に楽しまれていたので救われた。

実はこの準備にかかる仕事量が半端でなく、しかも僕は演奏家畑を歩んで来た人間なので、演奏会を仕込むために、次に何をするべきか分からないと来たもんだ(笑)。やるべき作業がどんどん溜まり、あらゆる事が期限ギリギリになってしまい、また追い打ちをかけるように当日までヒヤヒヤすること続出で、本当に心臓に悪かったな(笑)多くの関係者の方々には、迷惑もかけたし、たくさん助けていただいた。同時期に藝大フィルハーモニアが、なんと南米のチリ公演を行なっており、学内各所仕事に忙殺されていたにもかかわらず、僕のような裏方素人のヘルプをしていただき、本当に感謝してます。

しかし、藝大の先生方、事務方、本当にすごいポテンシャル。本当にありがとうございました。

そして、遠路はるばる灼熱の上野の森へおいでいただき、熱く、ハイクォリティな演奏を繰り広げてくれた、北海道教育大学スーパーウィンズの皆さん、そしてこの貴重な機会をいただいた渡部謙一先生、本当に本当にありがとうございました。

18日と19日。1〜3年と別科の学生たちの前期実技試験。トランペットの一部はフィンランドのリエクサのコンクールを受けに行くため1日試験を前倒し。Ott先生には全部通して採点していただく。学生たちはこの超絶忙しいのを乗り切って、すばらしい演奏をしてくれた。実り多い前期の納め。

19日の夜、Olaf先生の送別会のあと、その足で羽田空港へお見送りに。Ott先生もかなりのハードスケジュールになってしまったのに、嫌な顔一つ見せず、学生たちとの交流を楽しんでいただいたようだ。本当に感謝しかありません。

最後に、今回学んだ事。
「せめて英会話」  

そして、自分が忙しいからと言って、他人に忙しい仕事をさせてはいけない、、、d(゚ε゚*)


posted by 古賀慎治 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック