nombirato!: 日記

2017年01月24日

謹慎中f^_^;

と言っても、先週末、ついにインフルエンザにかかってしまいました。少なくとも、この5〜6年はかかってなかったと思うんだけど、不覚にもやられてしまい、明日まで自宅療養の予定です。どこでうつされたのか、今回は全く覚えがない。

ワクチンは毎年マメに接種しているんだけど、今年はワクチンの型が流行の型の予想を外したってことなのかね。お医者様には「ワクチン打っておけば罹っても軽くすみますから」と言われるんだけど、今回はチト酷かったです。今は熱が下がって3日目なのでぼちぼち活動開始、だいぶ体調は戻りました。熱下がってからの方がキツかったですよ。

というわけで、皆さん、特に受験生の皆さんはこれからも十分にお気をつけくださいまし。ご健闘をお祈りしてます。






posted by 古賀慎治 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

久々の札響(写真アップしました)


IMG_2673.jpgホント久しぶりに札幌交響楽団に呼んでいただき、留萌市と札幌で計3公演演奏して来ました。

ご存知の通り北海道はこのところ台風の通り道と化していて、行きも帰りも台風と隣り合わせという、貴重な体験でした。北海道地方はこのところ気象災害が多く本当に大変だと思います。

新千歳空港から市内のアクセスは電車よりバスの方が悪天候に強いという事も分かりました。まあ時と場合によるのでしょうけど、団員の田中さんのメールに救われて、ほとんど混乱に巻き込まれずにホテルまで移動できました。


札響のトロンボーンセクションは今回はエキストラが2人。だけど2〜30年前は良く一緒に吹いていた方々で、ハーモニーやサウンドを合わせるのに全く苦労しませんでした。トランペットには尊敬する2人の先輩です。若い頃はあまり感じることが無かったけど、今は人と人の繋がりの有り難みを強く感じます。

IMG_2675.jpg


今回の演奏会はご存知アキラさん(宮川彬良さん)の作品、指揮とお話のコンサート。特に留萌市はお父様の宮川泰さんの出身地で、お父様、お爺様にまつわる興味深いお話多数聞けて、本当に楽しかった。「銀色の道」が彬良さんのお爺様の頃にまで遡るエピソードがあって、なかなか興味深かった。札幌での公演は会場の子供達と共に盛り上がりました。

音楽は、宇宙戦艦ヤマトはアンコールで一回演奏したものの、あとはヤマト色は無し。僕的には物足りないモノの、彬良さんの変幻自在ながらも原曲をとても大事にした、アッと言わせるセンスの良い編曲、そのアイデアがすごいと唸りっぱなしだったのですが、本当に素晴らしかったです。所々にヤマト2199の音楽っぽいコード進行などあって、一人でニヤニヤしていた感じです。あれだけ密度の高い優れた作品群、いずれは音盤にして出して欲しいなと切に願うものです。

留萌市公演の後、大雨でチト心配だったのですが、運良く富良野市まで行くことができ、念願の「halu CAFÉ」http://www.halufurano.jp に行くことができました。そこはつい最近まで東京交響楽団でバストロンボーンを吹かれていた宮本直樹さんご夫妻が、脱サラ(と言うのかな?)して始められたとても素敵なカフェです。昼間の景色を見られなかったのがとても残念です。テレビや雑誌への登場も多いのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。地元食材にこだわった、手作りのお料理は、半端なく美味しかったです。これからもお元気で、また絶対行きます。

IMG_2690.jpg帰りも台風11号のご機嫌を伺いながら空港へ。無事帰ってきました。あぁ、また北海道へ行きたいです。札響の皆さん、特にお疲れなのに長距離運転してくださった田中さん、それから宮本さんご夫妻、お世話になりありがとうございました。

夏休みの課題はこれにて終了(笑)









posted by 古賀慎治 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

雑多な日記


自分のところは更新していないのに、このところよそ様のブログを読むことが多くなりました。気がつけば来週から12月ですな。一年経つのが早いこと。

今年は前半自分としてはかなりの事を頑張ったので、後半は比較的暇に感じるんだけど、本来はこの位が普通のペースなんじゃないかと思い直す今日この頃。更新少なくても特にサボっている訳ではないです(笑)

このブログには相変わらず「Facebook」「退会」のような検索キーワードでいらっしゃる方が多いようだけど、学生たちの話を聞いていると、Facebook絡みで何やらトラブルに発展しそうな種が多いですね。気をつけるように注意することしか出来ないんだけど、ホント皆さんお気を付けて便利に活用してください。


知り合いが過去に書き留めていたブログを最初から最後まで一気読み。ハンドルネームのみの公開なので思い切ったことが書けるんだろうけど、日記以上に赤裸々な人生を綴ってあって、いや凄いなと、自分の勇気のなさみたいなものを感じた次第。自分の気持ちに正直に生きている生き様が素晴らしいと思いました。


今の流行りはブログよりもやっぱりFacebookなどのSNSなんだろうけど、いま地道に更新されているブログって内容的に充実していてなかなか面白いの多い気がします。ここからのリンクは遠慮しますが、僕ももう少し頑張ろうかなと思い直しました。

今年を振り返るにはまだまだ早いけど、ホントいろんなことがあって、あまりに価値観の違う人といろいろあって凹んだことも多々あったんだけど、むしろ勇気づけられた事も多く、助けていただいた方々には本当に感謝の気持ちです。先生稼業は孤独な事も多いけど、人との繋がりに助けられることも多いんだなと感謝する師走前でした。





posted by 古賀慎治 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

夏休みの宿題(長め)


GR002471.JPG僕は合宿というものにはあまり縁がなくて、過去一般大学オケの指導に少しだけ参加させてもらっていた程度の経験値なんだけど、なにしろ大宴会というものが得意ではないし、朝起きてから寝るまで拘束されるのが嫌だというのもあり、やはり指導者として参加するのは苦手かなぁ。この時期何週間も自宅に帰らず合宿を渡り歩く方もいるくらい指導者のお仕事としてはポピュラーな感じはするけど。


今年の夏は、その合宿セミナー系の催し3件に続けて参加することになった。一昨日ようやく長かったロードが終わった。合宿などの経験値の高い方からすると、その程度で根をあげるの?と笑われそうだけど自分的にはかなりの大仕事だった。

>>>続きを読む
posted by 古賀慎治 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

祝 ご結婚


日記のようなものをネットで書き始めていつの間にか15年目に(^^;;文章力の無さは相変わらず不変。ちょっと過去のを見直したけど、もう、ホントダメだね(笑)

ネット上への公開なので、もちろんありのまま100パーセントそのままに書く事は出来ないけど、なるべく感じた事や思った事をストレートに書きたいなという欲求は強いです。

ストレスが一杯になればなるほど、何かブログ記事を書いて、頭の中のバランスを保ちたいという気持ちがふつふつと、みたいな今日この頃であります。



今日は教え子のAH君の結婚披露パーティーがあって、今はその帰りに書いてます。久々のスタバ。

パーティーでのお隣の席は、AH君の先生でもあり、僕の先生でもあるK先生。反対側はファゴットの先輩Mさん。他にも懐かしいお顔がたくさん。しばしの懐かしい時間にとても癒された感じ。アットホームで素敵なパーティーでした。

AH君は学生の頃とは違い、随分としっかりした大人になったなあと、感心しました。

そのパーティーに参加しながらあれこれ眺めていると、色んな思いが頭をよぎった。K先生は来年度一杯で大学を退官されるという話で、なんと言うか世代交代を方々で感じたパーティーでした。パーティーに招かれた方々を見ても、すでに自分はかなり上の方の世代で、ほとんどの人達は大学を卒業して数年以内の、ただいま現役バリバリといった活躍盛りの方ばかり。

いや、本当に世代は移っているんだなと感じた。

途中新郎新婦の紹介ビデオが流れて、今の時代は、こんな事細かなコトまで伝えられてすごいなと思ったし、彼が新婦のYさんにプロポーズしたこととか、言葉の一つ一つが、地に足の着いた、良い言葉だった。

それに引き換え結婚当時の自分は、、、彼のような具体的な将来のことは何も考えていなかったし、目の前の披露宴をなんとか乗り切るのに必死だったな。恥ずかしいコトに自分はカミさんにきちんとプロポーズしなかったな(^^;;とか、反省の気持ちしか出てこない(笑)。カミさんにはホント苦労ばかりかけてきたとも思ったし。

でも、それだけ素敵なカップルの誕生だったわけですね。本当に良かった。これからもぜひぜひお幸せに。




posted by 古賀慎治 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする