nombirato!: 日々雑感

2014年10月06日

夕暮れ時


今日は台風が過ぎ去ってから良く晴れたので、何とか時間の都合を付け近くの河原へ向かった。

台風の被害は進路の左と右でかなりの差があったようで、僕のいたところは進路の左側に当たり、雨はそこそこ降ったが風は思ったほどひどくなかった。正直ホッとした。

夕焼けを見ようと土手の上へ行くと、すでに数人のカメラマンたちが夕日を狙ってカメラを構えている。やっぱり台風一過の時は狙い目だもんな。もう少し時間に余裕があれば、富士山がちゃんと見られる場所にでも行ってみたかった。

でも、本当に20分位の夕焼けショー観察だったけど、癒やされるとはこういうことだろうなと思う。普段狭い空間で活動しているので、たまに広いところに出てその空間を感じるだけでも気が休まるというもの。夕暮れ時の空の移りゆく様は本当に綺麗で、心安まる瞬間でした。

PA062069.JPG
富士山上空を回り込むひこうき雲が見事。

posted by 古賀慎治 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現実逃避

もう10月ですか

なんだか更新がまばらな感じだけど、何とか元気に生きております。気がつけばもう10月ですよ(笑)ホント速いなぁ。

大学の方はようやく後期の始まりで、まぁのんびりしているなと思われるかもしれないけど、9月は藝祭やら大学院の入試があって、その間はお休み。入試の業務はあるので僕たちは休みじゃないです。入試は専攻が多いのでどうしても長期間になってしまいます。

久しぶりにレッスンで学生たちと顔を合わせると色んな変化があって、結構ビックリすることもあるし、何やってんの!って事もあるし。大学生にとっても前期と後期はだいぶ気分に差があるようで。。。

雑多なとっ散らかった文章でアレですが、今はあれこれと雑務に追われていると言うこともあって、現実逃避を脳内で企てていたりします。実際に逃避するわけじゃないけど。

そんな中で宇宙戦艦ヤマトの40周年という盛り上がりは自分にとってはこれ幸いなわけです。これから年末にかけて2本の映画が公開されるし、かなり楽しみなイベント。自分はめいっぱい楽しめるのでいいんだけど、もっともっといろんな世代の方々、特に若い世代にも見てほしいなと願ってます。


*****


それからなぜか離島方面、それも絶海の孤島に行くことを妄想して、ネットサーフィンで楽しんでます。特に気になるのが台風関連で良くテレビ中継がある南大東島とか、北大東島。都響の頃に僕は行かなかったけど、小笠原の父島とか、あとは都響の金管五重奏でお邪魔した神津島〜式根島〜新島。八丈島とか屋久島とか、あとは対馬とかいいねぇ。
R0012321.JPG
写真は2011年5月に訪れた神津島の夕暮れ

あぁ、いろんなしがらみから離れてボーッとしたい!!ってココロの叫びなんでしょうな。ま、そのうち収まるでしょう(笑)



台風の影響を受ける地方の方々はくれぐれもお気を付けください。こちら関東も厳戒態勢です。


posted by 古賀慎治 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

近況とか雑感など


大学の後期と言うのは前期に比べあっと言う間という印象が強く、のんびりしている暇はない感じ。

当欄のネタも、更新はサボっていてもそれなりに温まって来たところ。教師としての感じるところを新たなカテゴリにして投稿しようかなとか考えています。

あと、趣味的な話の宇宙戦艦ヤマト2199が大団円を迎えた感想も、何かまとめたいしね。追い追い書いていきますか。


しかし新しいiPhone5Sは、なかなか動作も軽くていいですなぁ。LTEもauの社長の言うとおりで、先日池袋の電車の車内からスピードテストやってみたけど、安定して4〜6Mbps出ている感じです。街中だとWi-Fiを切っておいた方がむしろ快適。

ただ、アプリの安定度はまだまだという印象で、4Sの時より立ち上がらなかったり落ちることが多くなったかな。あと、キーボードが変わってしまい同じ文字の連打が一手間増えてしまい、目下誤変換量産中。何か上手い設定があるのだろうか。

ブログネタをあれこれ膨らませたり、作文のお供のA◯◯K PADは学習した単語やユーザー辞書の移行が全く出来てなくて、これまた賢くない誤変換を量産中。自分が悪いんだけど、フラストレーション溜まり気味で、チト使う気が失せてます。保存もなんだか頼りなく、気がついたら書いた文章が半分くらい消えてたりとかあるし。今後のアップデートに期待ですかね。代わりに使い出したiライターズアプリは文字数カウントも直ぐ出来るし使いやすいかも。

とまあダラダラした記事で失礼しました。間もなく当欄も通常営業に戻ると思われます。
posted by 古賀慎治 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

父 死す

佐賀在住の父が先週9月27日の午後亡くなりました。享年85歳。

今年の春、肺がんと診断されてから、初めはショックも大きかったのですが、時間が経つにつれ、なるべく父との残された時間を大事にしようと言う方向に気持ちが変わっていきました。

父の最期を看取ることは出来なかったけど、後悔はありません。ほとんど苦しむこと無く安らかに眠った父の姿を見てむしろ安堵した気持ちが強かったです。

今回地元の素晴らしいお医者さまや看護師の方との出会いがあり、治療方針の決定とか看護のこととかいろいろと模索していくうちに、人間の生とか死とか、身近に考えることが出来ました。

僕が今こうして音楽を職業として、また大学の教員となって教育の場に身を置くようになったことは、父の背中を見て育ったことが大きかったのかなと思います。

通夜から葬儀とバタバタと行事が続き、ようやく一段落して自宅に戻ってきました。本当にたくさんの方々にお世話になりました。今は感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

また仕事上ご迷惑をおかけした方々には本当に申し訳ありませんでした。


以下に葬儀で読ませて頂いた挨拶文があります。結構時間かけて書いたので、父のことが良くわかるかも知れません。良ければご一読頂ければ幸いです。

あと、父の作ったきりえページもご覧くださいね。あと公開日は未定ですが父が自費出版した作品集をネット上で公開出来るよう考えています。気長にお待ちくださいね。

>>>続きを読む
posted by 古賀慎治 at 02:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

今年度を振り返る


新しい仕事に就いてからようやく一年を迎えようとしている。自分なりにこの一年を振り返ってみると、あまりにいろんな事がありすぎて、自分を見失いそうになった一年であった。

最近僕より少し前に先生になられた方や、早くから先生になってご活躍中の同級生とか、同世代の先生に話を聞く機会があって、やはり皆さん同じような悩みをお持ちなので、だんだんそんなものかという気がしてきて、チョットだけ安心したが。演奏家と先生としてのあり方、これが今の僕にとってというか、これからもずっと大きな課題だろうなぁ。先輩に教えていただいた、仕事の黄金律「レッスン、研究、運営」の比率を出来るだけ1:1:1に近づけるように、頑張っていきたい。



先日、初めての参加となる合格判定会議があって、ようやく今年の入試の最終合格者が発表になった。希望に満ちた新入生達を迎えられることは本当に嬉しいし、また同時に責任の重さも痛感。頑張り抜いて合格を勝ち取った皆さん本当におめでとう。それから残念ながら希望が叶わなかった皆さん、是非希望を見失わないで、これからも頑張って欲しいです。


しかしこの一年でこの最後の入試の仕事が結局一番大変なんだと、やっと分かった(笑)。高校生ぐらいの若い優秀な学生達が、人生を掛けて大挙して挑んでくるのに、それを受けて立つというか、支える芸大の事務方や先生方はじめ裏方さん達の、その平然と受けて立つ感じがホントすごいなぁと感じた入試シーズンだった。

いや本当はしんどいとは思うんだけど、受験生の側から想像していた入試業務の現場よりはるかに平然と事が進む。またそうでないと冷静な判断も出来ないし。人の力の素晴らしさを働きながら感じた次第。


判定会議の後、この3月で退官される先生方の退任記念のパーティが開かれた。春は新しい人々を迎える反面、去っていかれる方々も多い。

テューバの稲川榮一先生が3月いっぱいで退官される。生徒達の音楽観どころか人生観までにも大きな影響を与えて来られた稲川先生。僕にももっといろんな事を教えていただきたかった。いよいよ17日日曜日の15時から、稲川先生最終講義にあたる退任記念演奏会が藝大奏楽堂で開かれます。入場無料です。

稲川先生は4月から日藝の非常勤として赴任されると言うことなので、それはそれでまたご一緒できるので楽しみなんだけど。しかし数年後には・・・と言うことを考えると少々不安になってしまうから今は考えないようにしてよう。結局詰まるところもっと勉強し、経験を積んでシッカリしないといけないということ。


それから今月は都響のバストロンボーン奏者、井上順平さんの最後の演奏会も控えていて、何とか駆けつけたいなと。順平さんには、僕が大学在学中より本当にお世話になってきたので、何と感謝して良いのか分からない。都響でもずいぶんとお世話になったし、心の支えにもなっていただいた。感謝感謝。

4月からは僕の後任も決まって都響のトロンボーンセクションも、TMTQもずいぶんと若返り。新しいセクションのサウンドを聴くのが今からとても楽しみ。




それにしても相変わらず収拾のつかない文章、、、とりあえずこの辺で(笑)
posted by 古賀慎治 at 07:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする