nombirato!: 2199

2015年05月07日

宇宙戦艦ヤマトにまつわる話(修正後)

朝日新聞は残念ながらとっていないのでこんな貴重な連載を知らなかったとは!

迂闊だったけどネットで読めて良かった。情報もとは同世代の弟(笑)。ここで記録として残しておこうかと思う。

朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/

「ヤマトをたどって」と題し太田啓之さんのコラム記事が2月25日から3月11日まで11回にわたって夕刊に掲載されたそうです。幸いにも朝日新聞のサイトで読むことが出来ます。

朝日新聞デジタルの検索結果ページ

第一回 宇宙戦艦、憧れと戸惑い
http://www.asahi.com/articles/DA3S11620811.html

以下、第十一回まで続きます。読める記事の数は一日3本と制限がありますが、無料の読者登録をしてログインすると全文が読めます。時間が経つとリンク切れになったりするかもしれません。


今までに「宇宙戦艦ヤマト」に関する評論っぽいのは、どちらかというとファン目線だったり、または制作者目線が主流だった。僕は第1作のファンではあるけど、さらば以降はあまりリピートして見ていない。そういう意味では去年まで続いた新作2199は久々にリピートして楽しめた。

とはいえ、多くの第1作からのファンの方々と同じように、なにがしかの物足りなさ、空虚さを感じていたのは事実。

今回の連載記事は、どちらかというと今までになかった目線での取材がなされていて、非常に興味深い。第2回と3回にある庵野秀明さんの言葉が今回の連載の核心部分じゃないだろうか。

「宇宙戦艦ヤマトは、戦争に負けた国でしか生まれない作品だと思います」


「当時の人々の……太平洋戦争に対する無念さ、口惜しさ、空しさ、悲しみ、怨念、そして願望等が塗り込められた作品だと思います」


「そもそも戦艦大和が旧帝国海軍の象徴であり、ヤマトはそれを改造して生まれ変わった。戦争とつながっているとしか言いようがない」。


「バラン星は地球とガミラスとの中間に位置し、太平洋戦争におけるハワイと同じ位置づけ。九州沖で沈没した戦艦大和がよみがえり、そのまま米国の西海岸へと逆侵攻する物語にも見える。ヤマトの作り手は戦争体験を引きずった世代。大和を題材とすることで、本人たちが意図しなくても、そういうイメージが自然に出てきてしまったのでは」。



僕は、多少の影響は感じていたものの、ここまで第二次大戦の影響を色濃く引きずった作品だとは思っていなかった。西遊記をベースにしたストーリーと言う印象が強かった。制作された1974年が敗戦から29年と言うことは、40代で制作の中心にいた人たちのほとんどが戦争経験者だった。大和という特別の戦艦を物語の中心に据えたわけだから、それ相当の想いの中で制作が進行したのだろうか。制作者同士での意見の衝突というのは有名な話だけど、日本人が戦後の敗戦のトラウマから立ち直っていくために、その意見の衝突は必要なプロセスだったというような説を読んで、そうだったのかと胃の腑に落ちた感じがした。人間の命の尊さを「死」をもって表現しようとする人と、とことん「生きる」と言うことにこだわり抜くことで表現しようとする人の間で、制作者も本気で戦っていたわけだ。

第2作「さらば」以降は徐々に「生きる」ことにこだわった人たちが現場を去ってしまい、僕にとって興味のない話になってしまった。「さらば」では僕も映画館で涙を流した一人だけど、今思えば、プロデューサーに一本取られたなと言う感じがするな。その後「完結編」もテレビシリーズも一応全部見ているけどほとんど覚えていない。やっぱり第一作の出来は素晴らしいと思う。これで現代に生まれた2199に足りなかったのは、プロデューサーでも監督でもなかったということが明らかになった気がする。むしろ今リメイクした方々は本当によくやってくれたのだと再認識した。

記事を最後まで読むと、ヤマト後のガンダムやジブリに続くお話などかなり興味深い記事です。ぜひ朝日新聞デジタルでお読みください。



posted by 古賀慎治 at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

2199星巡る方舟


「宇宙戦艦ヤマト2199星巡る方舟」について、公開されているのに何も反応がないなと思っていた皆さん、お待たせしました(^^;)

いや、誰も待ってないか。。。(笑)



「方舟」は結局12月の公開前日バンダイチャンネルでの無料公開含めて3回観ました。作る側は相当大変だったようだけど、今回も非常に楽しめました。ストーリーはホント隙無く考えられていて面白かったし、音楽も全部新録音だそうで、これも良かった。背景美術が特に良かったと感じたんだけど、CG含めたグラフィックも美しくて本当に良かった。芝居とか演出の部分も、ようやく一人一人の感情表現とかやりとりに、間とか深みが感じられるようになり良かったし。バーガーのファンになりましたよ。制作者の思うつぼか(笑)

でも、今回の全く新しいストーリーから感じるものは、うーん何だろう。橋渡し的作品なのは明確なので仕方ないけど、なんかこうワクワク感が無いというかね。

リメイクの本編7章と併せて観ると、スコーンとハマる感じはあるものの、なんだか中休み感満載と言うか。

まぁ、まだ発表はないけど、次のシリーズがどのタイミングで発表され、どんなストーリーで、誰が監督になるのかに興味が移っていったのでした。

西崎スピリッツ、松本テイスト、宮川親子音楽、柏原音効、僕にとってはこのどれもがバランスよく配合されていないとだめなんだなと、再々々発見して終了となりました。そういう意味で今回の壮大なリメイクに携わった出渕総監督はじめスタッフの皆さんには本当に感謝の言葉しかありません。

沖田艦長風に「ありがとう」以上だ。。。大航海ひとまずお疲れさまでした。



image.jpg

写真は昨年12/18に開かれたヤマトークの開催前新宿ピカデリーのスクリーン。この後宮川彬良さんと吉田知弘さんご登壇。めちゃくちゃ内容の濃い時間でした。イヤ楽しかった。

しかし、音楽関係はBlu-ray audioという聞き慣れないディスク、話題のハイレゾ高音質で新盤が発売されたんだけど、本編のアルバム3枚はどうかね、、、何か動きないかな(^^;) 期待してます。




posted by 古賀慎治 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

40周年記念 (追記あり)

2199のことじゃないけど久々のこのカテゴリへの投稿。

40年前の10月の第一日曜日、当時のカレンダーでは10月6日だけど今年は10月5日。宇宙戦艦ヤマトの第一作の初放映の日。

ということで、今日はエア再放送と言うことで、ファンは各自DVDを放送開始の19時30分から観ながら、Twitterで【#ヤマト40周年】 のハッシュタグで懐かしむようです。僕もとりあえず参加してみるか。うまく時間が合えばいいな。

>>>続きを読む
posted by 古賀慎治 at 18:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

宇宙戦艦ヤマト2199のA(ラ) (加筆済)


早く書かなきゃなーと思いつつ延び延びになっておりました。宇宙戦艦ヤマト2199の私的感想まとめを書いてみたいと思います。実は長文3本途中まで書いてはボツにしました。4回めは推敲したのに依然として長いのでご注意を(笑)

>>>続きを読む
posted by 古賀慎治 at 01:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

歴史はまた繰り返すのか・・・

じつは、少し前に文章を書いたまま非公開にしている投稿があって、ちょっとネガな事なので公開はやめておこう・・・と思っているのですが、このところいろいろあってそれに関したことをやはり書いておきますか。。。気になさる方はどうぞスルーして下さい。



カテゴリ的に「2199」なので、現在進行している映画とテレビの「宇宙戦艦ヤマト2199」についての話です。

僕は映画館の方は各章欠かさず観に行ってますが、テレビの方は録画を時間のあるときに観ているという感じです。

で、これだけ盛り上がっているので、関連商品も花盛りで、中でももの凄く期待の大きかった(なんと過去形 orz...)BGM集のCD、第2集まで購入して、しっかり拝聴しましたよ。

アマゾンのこの方のレビューが事実を余すところ無く見事に書かれていて、もう決定打なので、この上僕なんかが駄文を書くこともないんだけど。しかしあまりにお粗末。

どうしたの??今の日本でこんなに品質管理の出来ていない製品が堂々と発売されていることに、ただただ驚きと、なにもわざわざこんな大事なアルバムをこんな無残な姿にしなくても・・・という程の酷い製品。音楽をわからない会社に制作させた責任者にも問題有りだと思います。

しかしながら宮川彬良さんやミュージシャンの皆さんの仕事はお見事だと思います。これは明言しておきます。

でもそれだけに残念。返す返すも・・・製品版を聴かれて彬良さんはじめミュージシャンの皆さんはどう思われたのだろうかと。心中察するに、、、はぁ。



と、ゴタゴタはこれだけですむのかと思いきや、テレビ放映の方でなんだかきな臭いハナシが勃発。実は以前にもあった話。

なんと第2期(要するに26話中の14話以降、正確には7月21日放送分)からオープニングの音楽を変更するとの発表があって、、、もう絶句です。あ、新しく担当するミュージシャンには責任は無いと思います。

エンディングは諸々仕方ないかと思ってましたが、オープニングは好き嫌いの問題ではなくて、作品のテーマですからね。26話を通じて一貫した「魂」の部分ですよ。


ヤマト2199は開始当初あまりに順調に事が運んでいたので、こりゃ何か起こるぞと思ってはいたんだけど。

ゴタゴタの歴史はまたしても繰り返すのか。もういい加減にして欲しい。周りの皆さんはクリエイター達の思い通りに作らせてあげて下さい。古くからのいちファンの切なる願いです。もう遅いけど(泣)。
posted by 古賀慎治 at 01:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする