nombirato!: 告知

2017年01月25日

お知らせ

実は「www.shinjikoga.jp」というドメインをずっと前に取得していたにもかかわらず、設定の仕方が分からず半ば放置していた古賀トロ部屋のホームページの方。長年お世話になってきたDION(KDDI)のサービスが今年の10月31日で終了してしまう事に伴って代替サービスへ移行せよとのお達しがあり、ならば引っ越し先に新しいドメインを設定して一本化しようと四苦八苦した結果、なんとか形になってきました。

URLは  https://www.shinjikoga.jp/

です。JIMDOというサービスですが、なかなか慣れません。一応サービスのお任せで作ってもらったのですが、自分でチョコチョコいじるのが結構大変。まだまだ代わり映えしない感じですが、これまでと変わらず、よろしくお願いします。


あ、あと当欄のデザイン(PC画面)も変えてみました。いかがでしょ、、、、、


posted by 古賀慎治 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

「Tokyo G Brass Concert 2016」間近に


本来ならここに真っ先に出しておかなきゃいけなかったお知らせですが、遅くなってしまって申し訳ありません。

なんと明後日、10月1日土曜日、14:00、大江戸線の勝どき駅徒歩8分にある、第一生命ホールで「Tokyo G Brass Concert 2016」を開きます。料金は全席自由で2500円です。僕宛にメールか、またはコメント欄に書いていただければ、チケット取り置きいたします。


Tokyo G Brass は、東京藝大の金管の教師達で結成した金管五重奏団。トランペット:栃本浩規、松山萌(藝大フィルハーモニア)、ホルン:日剛、トロンボーン:古賀慎治、テューバ:池田幸広(N響)です。今回初コンサートです。

曲目は順に、J.S. バッハ: 小フーガ ト短調、J.S. バッハ: 金管五重奏の為のJ.S.B.組曲、シャイト: 組曲、J.クーツィール: 小組曲(四重奏)、エワイゼン、Grand Valley Fanfare、ベッリーニ: 歌劇〈清教徒〉〈ノルマ〉の主題による変奏曲、パーセル: 組曲、フラッケンポール: 金管五重奏曲 第2番   となっています。

一見カタそうな印象かも知れませんが、聴いてみるとそうでもないと思います。個人的にはベッリーニとアンコールがキモ(笑)です。お時間のある方はぜひ。よろしくお願いします。

8F5FE3AB-2CD7-4098-A3B9-2632EE917684.JPG




posted by 古賀慎治 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

お知らせ

試験的に使っている www.shinjikoga.jp ドメインですが、au one net(DION)ホームページ公開代理サービス終了に伴って http://www.h4.dion.ne.jp/~ktrb/index.html を引っ越すことになったので、しばらくは引越し先の工事中(制作途中)のサイトが表示されるかもしれません。ブログ http://nombirato.seesaa.net/ は変わらず運用します。よろしくお願いします。


posted by 古賀慎治 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

ブラスギルドとDAVID

来たる3/15に札幌時計台ホールで北海道教育大学岩見沢校の金管楽器の皆さんのアンサンブル「ブラスギルド」とDAVIDのConcertinoを演奏します。札幌方面の方でお時間のある方は是非おいでください。演奏会は19時開演です。入場料は一般1000円、高校生以下500円となっております。よろしくお願いします。

image.jpeg
posted by 古賀慎治 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

退職のお知らせ


この3月末で15年勤めさせてもらった日本大学藝術学部音楽学科の非常勤講師を退職させていただくことになりました。先生方、歴代卒業生はじめ関係者の皆さまには本当にお世話になりました。ありがとうございました。

これは僕の都合での退職でありまして、オケをやりながらの兼任から、大学の専任になってからの兼任という環境の変化に自分の身体や能力がついて行けなかったというのが一つの要因でしょうか。今回決断したのは演奏以外の仕事のクオリティを上げていきたいと言うのと、出来れば少しずつでも演奏の仕事を増やしていきたいなと思うところがあります。

レッスンについては、自分なりの流儀、ある程度の方向性はつかんでいるつもりなので、これからも、時に客観視をすることを忘れず、広くアンテナを張り勉強する事、生徒とともに気づく事、学ぶ事を実践していきたいと思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。




posted by 古賀慎治 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする