nombirato!: トロンボーン

2012年11月23日

受け継ぐべきもの

image-20121123155213.png
ご覧の本、今は廃刊になってしまっているようで、普通に注文はできません。ある一定年代以上のトロンボーン吹きの皆さんには有名な本ですね。

音楽之友社 刊、デニス・ウィック 著、西岡信雄 訳、「トロンボーンのテクニック」(OXFORD UNIVERSITY PRESS)初版は1972年。

僕もプロになってしばらくというか、ずっと本棚の中にしまったままだったのだけど、このところ大学での指導とかいろいろと引っ張り出した中に見つけたもの。

僕の持っている本は、高校時代に読み込んだ赤線やらアンダーラインが多すぎて、とても人に貸せるものではないので、アマゾンで探してみたところ、古本として売られているのを見つけた。安くはないものの、4千円台前半で入手できたのは本当に有り難い。

内容は1970年代の話ではあるのだけど、オーケストラプレーヤー、また教育者として世界的に有名なデニス・ウィック氏が書き上げたこの本の内容は本当に素晴らしい。今の学生達のほとんどがこの本を知らないと言うので、古本ではあるけど順番に貸し出して、とにかく読んでもらおうと思う。

僕たちの今吹いている楽器の変遷を知るのも大事だし、それから今の知識レベルは1970年代とそう変わらないか、ひょっとしたら退化しているかも。今は情報過多なのにいかに進歩していないのかと気がつくと思う。進歩するためには過去を学ぶことも大事。今でも再販して欲しい本ナンバーワンです。
posted by 古賀慎治 at 15:53| Comment(7) | TrackBack(0) | トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする