nombirato!: my favorite saying

2017年01月26日

サウンドに対するキホン的な考え方1


今を遡ること30年??ミシェル ベッケさんの公開講座を受けさせて頂いた時の話。これも生徒達にはよくするハナシだなぁ。

ベッケさんと久々に会って舞台上でレッスンを受けました。レッスンが終わって廊下かどこかでベッケさんと立ち話をした時に、当時まだ非常に珍しかったセイヤーヴァルブ(今のアキシャルフローヴァルブ?)の楽器を入手したばかりだったんだけど、ベッケさんはそれが珍しかったらしく、ちょっと吹かせてくれと言われました。

で、聞こえてきたベッケさんのサウンドは皆さんご存知の通り、世界一の超美しいサウンドなのです。彼のクルトワの楽器でなく、僕のBach(マッピも)から、まごうことなきベッケさんの華麗なサウンドが聞けました。鳥肌が立ちました。僕の楽器が一番輝いた時だったかも知れない(笑)。いや、そうならないように、僕の楽器から一番良い音は僕が出すんだと思いながら早30年、今もメインの楽器として頑張ってます。

トロンボーンや金管楽器は、楽器を替えたり、マッピを替えたりすると音は変わるけど、一時的なもので、結局その人が持っている音になります。たとえ1千万円で完全にベッケさんの音が鳴るならば、借金をしてでも欲しいわけですが、そんなことはありません。僕の楽器からベッケさんの音がすることも、実際あったわけです。

楽器ではない。個人の感覚が成長していかないと、サウンドは成長しないと、確信した出来事でした。

posted by 古賀慎治 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | my favorite saying | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

キホンに対するキホン的な考え方


トロンボーンを吹くという行為、動作をとことんシンプルに、余計な動作を省いていくと、どこまで省くことができるか、考えてみたことはありますか?これ以上省くと音が出ないというところ。

『大きく息を吸って真っ直ぐにパーんと吹く』

というところではないかと思います。呼吸法やら、姿勢やら、アンブシュアやら、マッピを当てる位置の事やら、シラブルやら、タンギングとブレスのタイミングやら、楽器の角度やら、体の使い方やら、スライドの動かし方やら、、、とりあえずありとあらゆることを横に置いて『大きく息を吸って真っ直ぐにパーんと吹く』がしっかりしてないと、どんなに難しい高度な練習や奏法を積んでも無駄だよと、そんな考えでやってます。

逆に言うと、調子が崩れたり、どうしたら良いか分からなくなった時は、最上流のココまで戻り、しっかり鳴らすようチェックすると良いと思います。意外と絡まった糸がほどけるヒントがあります。



posted by 古賀慎治 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | my favorite saying | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めてのレッスンで聞くこと


初めてのレッスンは、その子にとってはもちろん初めての事だけど、僕にとっては毎年何人も預からせて頂いて、その人ごとに毎回同じ事を繰り返したずねると言うことがあって、決して雑にならないよう、気を付けなければいけないところと思ってます。レッスンと言っても半分以上の時間はこんな話をしてます。その時に聞くこと。


■いつからトロンボーンを吹いているか、その他に金管楽器の経験は?あとピアノや他の楽器経験など
これは必要な情報ですね。


■将来どんなプレーヤーになりたいか、どんな演奏がしたいか。
目標は大事です。


■トロンボーン吹いていて感動したことは?
最近は吹奏楽のコンクールとか本番中と答える人多めです。


■人の演奏聴いていて感動したことはあるか?トロンボーンに限らず涙が出るほど感動した体験はあるか?
感性豊かな方が、、、


■トロンボーンで生きていこうと思った、決心した出来事、演奏、体験は?
覚悟とか。


■好きなプレーヤーは?演奏団体は?オケは?
僕は好みによって指導法を変えるとか振り分けるとかしないけど、この話を聞くとトロンボーンに対する知識とかスキルみたいなものが見えてきます。


別に試験をしているわけでもないので、優等生的に答えて貰う必要もないし、答えられないからレッスンはお断りしますとか、将来望みがないとか、そう言うことではありません。僕が知りたいのはどれくらい自分自身で覚悟して決めてきたか、またトロンボーン奏者になりたいと決心した動機の強さを知りたいのです。動機が弱いと、多分続かないと思うので。厳しい世界で生き抜くための動機の強さを知りたいと思っています。あとは、楽器を吹いてもらってのレッスンということになりますね。



posted by 古賀慎治 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | my favorite saying | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新カテゴリ


このカテゴリ記事は主に受験生向けに、毎度毎度レッスンで言っていることを、僕自身忘れないためにメモするのが第一の目的で、これからプロを目指そうという人たちに何か役に立つことがあればいいな位の、少し軽めの気持ちで書きたいと思います。でも、今の門下生には心に留めて欲しいことでもあります^ ^

自分がお師匠さまはじめ、多くの先人達から学ばせていただいたことなど、技術的なことよりも、どう考えるかと言ったことが多くなるかもしれません。ネタ切れも思ったより早く来るかもしれないし、まあ気楽にやってみないと、自分にもどうなるかわかりません(笑)。気長によろしくどうぞ。


posted by 古賀慎治 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | my favorite saying | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする